ロボアドバイザー 投資

ウェルスナビの手数料は高い?他のロボアドバイザーの手数料と比較した結果を紹介!

投稿日:2019年2月7日 更新日:

スポンサーリンク

ウェルスナビの手数料は?

ウェルスナビの手数料は1%(税込1.08%)です。

今回はこの1%の手数料が高いのか、安いのか、妥当なのか、他のロボアドバイザーと比べて調べた結果を紹介していきます。

預け資産額が3,000万円以上の場合は半分の0.5%ですが、こんなに預けることは難しいですね・・・。

1%以外にも手数料がかかるのか?

ウェルスナビのサービスを利用するために一律で1%の手数料がかかりますが、この手数料以外には何も必要ありません。

投資する際にかかる入金手数料や取引手数料、出金手数料はもちろん、ウェルスナビで自動で行ってくれるリバランスにかかる手数料等すべて無料だからです。

手数料 預かり資産3,000万円以下 年率1.0%(税込1.08%)
預かり資産3,000万円以上 年率0.5%(税込0.54%)
入金 クイック入金 無料
自動積立 無料
金融機関振込 振込元金融機関の手数料
出金 出金手数料 無料
取引 売買手数料 無料
為替手数料 無料
為替スプレッド 無料
リバランス 無料
各取引を自分で行い手数料の計算ができる場合は、手数料1%以内に抑えることは可能ですが、仕事をやりながらこの作業を行うのは大変です・・・。

長期割を活用しよう!

WealthNavi(ウェルスナビ)を続けた期間と運用金額に応じて6カ月ごとに手数料の割引がされるサービスです。

長期割を活用することで、ウェルスナビの手数料は最大0.90%まで割引されるのでお得です!

注意

  • 長期割の判定は毎月1日に実施され、総入金額(長期割判定額)が50万円以上あると当月から長期割期間が開始されます。
  • 出金を行うと「長期割期間」は終わってしまうので注意が必要です。再度投資を行うことで再び「長期割期間」は開始されます。
長期割判定額により割引額が2倍になります!50万円~200万円未満の場合:割引率0.01%(年率)200万円以上の場合:割引率0.02%(年率)

他社との比較結果

ロボアドバイザー各社 手数料(税込)
ウェルスナビ 3,000万円以内:1.08%(長期割0.9%) 3,000万円以上:0.54%
テオ 3,000万円以内:1.08% 3,000万円以上:0.54%
テオ+docomo 3,000万円以内:1.08% 3,000万円以上:0.54%
楽ラップ 約0.99%
マネラップ 約0.991%
ダイワファンドラップオンライン 約1.08%
手数料は団栗の背比べのようなものですが、他のロボアドバイザーと比べてウェルスナビが差別化できているのがDeTAX(自動税金最適化)です!リバランス機能は他のロボアドバイザーでもサービス提供しているところがありますが、DeTAXはウェルスナビでしか提供していない機能になります。

DeTAX(自動税金最適化)とは?

・分配金等の税負担が一定額超えた場合に自動的に最適化してくれて、投資効率向上が期待できます。

まとめ

結果は、

ウェルスナビの手数料1.08%は妥当!

投資を行っている方から見れば手数料1.08%は高いと思われる方もいると思いますが、仕事で忙しい方が片手間に為替計算やリバランス、税金最適化をするのは難しいです・・・。

ロボアドバイザーはほったらかしでも勝手に長期・積立・分散投資を行ってくれます。

その作業を自分でやると考えると、手数料1.08%は妥当かなと思います。

ウェルスナビのスマホアプリでいつでもどこでも投資できます!資産推移についても簡単にチェック!

ウェルスナビ・テオ・テオ+docomoでは定期的にキャンペーンを実施しています。キャンペーンを利用することで、少しでもお得にロボアドバイザー投資を行い手数料分をゲットしましょう!
スポンサーリンク

-ロボアドバイザー, 投資
-

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.