WealthNavi(ウェルスナビ)のサービスの種類と特徴、違いについて解説

まなこ
いろんな種類のウェルスナビがあるけど、どれを選べばいいの?
まなすけ
ウェルスナビの種類の違いから、おすすめのウェルスナビを紹介していくね
この記事のポイント
  • 本家ウェルスナビ以外に10種類のウェルスナビがある
  • 運用手数料割引(長期割)は本家ウェルスナビだけ
  • おすすめは「本家ウェルスナビ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザーのウェルスナビには、ウェルスナビ以外(※以降、本家ウェルスナビ)の企業が提供しているウェルスナビがあります。

その数は現在10種類。

種類

  • WealthNavi for SBI証券
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • WealthNavi for ANA
  • WealthNavi for ソニー銀行
  • WealthNavi for イオン銀行
  • WealthNavi for 横浜銀行
  • WealthNavi for JAL
  • WealthNavi for TOKYU POINT
  • WealthNavi for じぶん銀行
  • WealthNavi for ネオモバ

証券会社や銀行以外にも、ANAやJALといった他の業界でもウェルスナビのサービスが提供されていますね。

今回は、各サービスごとの特徴や違い、どこでウェルスナビを始めるのが良いか解説していきます。

まなすけ
当時、最低投資額が少なかったWealthNabi for SBI証券を利用してます

ウェルスナビの特徴

  • ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズムを利用して運用
  • 世界約50カ国1万1,000銘柄に分散投資
  • 長く運用を続けることで手数料を割引(長期割)※本家ウェルスナビだけ
  • 分配金の再投資やポートフォリオの自動リバランス
  • 自動で税金の最適化(DeTAX)

ウェルスナビは、投資初心者の方も気軽に長期・積立・分散投資ができる資産運用ツールです。

6つの質問に答えるだけで自分に合ったポートフォリオを構築し、その後の運用もすべて自動で行ってくれるので、手間もかからず簡単です。

STEP1
ウェルスナビにアクセス
STEP2
無料診断
6つの質問に答える
STEP3
口座開設
無料診断結果に応じたリスク許容度で口座開設
STEP4
資産運用
入金、積立手続きを行い資産運用開始

資産運用も「ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズム」を利用しているので、リスクを抑えながらリターンの最大化が期待できます。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

ウェルスナビの種類

ウェルスナビは、本家ウェルスナビを入れた合計11種類あります。

種類

  • WealthNavi
  • WealthNavi for SBI証券
  • WealthNavi for 住信SBIネット銀行
  • WealthNavi for ANA
  • WealthNavi for ソニー銀行
  • WealthNavi for イオン銀行
  • WealthNavi for 横浜銀行
  • WealthNavi for JAL
  • WealthNavi for TOKYU POINT
  • WealthNavi for じぶん銀行
  • WealthNavi for ネオモバ

ウェルスナビの口座毎の違い

まなすけ
ウェルスナビの基本サービスは同じです
サービス 特徴
WealthNabi ・お釣り投資サービス「マメタス」対応

・長期割(資産運用を長く続けるほどお得になるサービス)

・最低投資額:10万円

※マメタスから1万円以上ご入金いただいた場合は、1万円から運用を開始できます

WealthNavi for SBI証券 ・SBI証券から申込可能

・最低投資額:10万円

WealthNavi for 住信SBIネット銀行 ・お釣り投資サービス「マメタス」対応

・資産評価額に応じて住信SBIネット銀行の手数料がお得に(手数料無料回数が増える)

・住信SBIネット銀行から申込可能

・最低投資額:30万円

※マメタスから1万円以上ご入金いただいた場合は、1万円から運用を開始できます

WealthNavi for ANA ・ANAから申込可能

・資産運用の開始や資産評価額に応じてマイルが貯まる

・最低投資額:30万円

WealthNavi for ソニー銀行 ・お釣り投資サービス「マメタス」対応

・ソニー銀行から申込可能

・最低投資額:10万円

WealthNavi for イオン銀行 ・イオン銀行から申込可能

・最低投資額:10万円

WealthNavi for 横浜銀行 ・お釣り投資サービス「マメタス」対応

・横浜銀行から申込可能

・横浜銀行に口座を持っている場合は振り込み手数料無料で入金可能

・最低投資額:10万円

WealthNavi for JAL ・JALから申し込み可能

・資産運用の開始や資産評価額に応じてマイルが貯まる

・最低投資額:10万円

WealthNavi for TOKYU POINT ・TOKYU POINTから申込可能

資産運用の開始や資産評価額に応じてTOKYU POINTが貯まる

・最低投資額:10万円

WealthNavi for じぶん銀行 ・じぶん銀行から申込可能

・最低投資額:10万円

WealthNavi for ネオモバ ・ネオモバから申込可能

・最低投資額:1万円

1.最低投資額

最低投資額とは、ウェルスナビを始めるために必要な投資額となります。

口座開設後に最低投資額を入金しないと資産運用が開始されないので注意が必要です。

  • 1万円:ネオモバ
  • 10万円:本家ウェルスナビ、SBI証券、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、イオン銀行、横浜銀行、JAL、TOKYU POINT、じぶん銀行
  • 30万円:ANA

一番少ない資金で始められるのは「WealthNabi for ネオモバ」で1万円から始めることができます。

2.長期割

資産運用で重要なのは、コストをできる限り減らし利益を生み出すかです。

長期割だと手数料が最大0.90%になるので、長期割に対応していないウェルスナビと比べてお得に資産運用ができることになります。

長期割が適用される条件があるので、事前に確認しておきましょう。

  • 長期割の判定は毎月1日に実施され、総入金額(長期割判定額)が50万円以上あると当月から長期割期間が開始
  • 出金を行うと「長期割期間」は終わってしまうので注意が必要です。再度投資を行うことで再び「長期割期間」は開始されます
  • 50万円~200万円未満の場合:割引率0.01%(年率)
  • 200万円以上の場合:割引率0.02%(年率)
まなすけ
長期割がある本家ウェルスナビが一番おすすめ

3.マイル・ポイント制度

ANA、JAL、TOKYU POINTでウェルスナビを開始すると、運用額に応じてマイルやポイントが別に付与されます。

手数料関係なく資産運用しながらマイル・ポイントを貯めたい!という方には嬉しい制度ですね。

4.マメタス

おつりで投資ができるスマホアプリサービスです。

マメタス by WealthNavi(ウェルスナビ)

マメタス by WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi Inc.無料posted withアプリーチ

クレジットカードなどで買い物した際に出たおつり(100円~1000円の端数から選択可能)を、ウェルスナビが運用してくれます。

※「マメタス」の対応環境は順次拡大予定なので、今後は各サービスで利用可能になる可能性があります

まなすけ
手数料等を考えるとそこまで重要視しなくても大丈夫です

5.キャンペーン

本家ウェルスナビをはじめ、住信SBIネット銀行、イオン銀行では独自のキャンペーンを実施しています。

まなすけ
少しでもお得に始めたいよね

キャンペーン情報の内容から、本家ウェルスナビのキャンペーンが一番お得なので、ウェルスナビを始める方は必ずチェックしましょう。

ウェルスナビの始め方

ウェルスナビを始めたい方は、以下のステップでまず口座開設しましょう。

STEP1
ウェルスナビにアクセス
STEP2
無料診断
6つの質問に答える
STEP3
口座開設
無料診断結果に応じたリスク許容度で口座開設
STEP4
資産運用
入金、積立手続きを行い資産運用開始
WealthNavi(ウェルスナビ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介
まなすけ
一緒に始めよう!

1.口座開設

まなすけ
①まずは口座開設をクリック

2.ユーザー登録(メールアドレス)

まなすけ
②メールアドレスを入力後、③次へをクリックしましょう。

3.ユーザー登録(認証コードとパスワード)

まなすけ
登録したメールアドレスに認証コードが届くので、チェックして④認証コードと⑤パスワードを入力⑥ユーザー登録するをクリック

パスワードは8文字以上で大文字、小文字、数字を含んだパスワードにしましょう。

4.お客様情報入力

まなすけ
⑦電話番号や職業、口座等のお客様情報を入力して⑧登録をクリック

後ほど本人確認書類の提出があるので、本人確認書類に記載されている名前と同じであることを確認してください。

銀行口座も本人名義の口座のみ登録することができます。


ブレークタイム

5.本人確認書類

まなすけ
⑨準備できる本人確認書類にチェックをして⑩本人確認書類のアップロード、完了したら⑪次へをクリック

6.規約等の確認、同意

まなすけ
⑫規約等をすべて確認して同意したらチェック、その後⑬申し込むをクリック

7.簡易書類配達手続き

まなすけ
⑭ウェルスナビから簡易書類が送られますので、配達希望日にチェックをして配達希望を決定をクリック

8.口座開設完了!

口座開設完了!

まとめ

ウェルスナビを提供しているサービスは多くありますが、基本サービス内容に違いはありません。

結局どこで口座開設すればいいの?

まなすけ
という方にまとめてみました

効率重視

長期割に対応している本家ウェルスナビ

キャンペーン重視

キャンペーン内容から本家ウェルスナビ

マイル・ポイント重視

「WealthNavi for ANA」「WealthNavi for JAL」「WealthNavi for TOKYU POINT」

本家ウェルスナビで口座開設をして資産運用をするのをおすすめしますが、運用効率ではなくマイルやポイントのほうが大切!という方はANA、JAL、TOKYU POINTを選ぶのもありだと思います。

長期的に効率よく運用してくれるのは本家ウェルスナビです

特別な理由がない限り、本家ウェルスナビで一緒にロボアドバイザー投資を始めましょう!

まなすけまなこも実際にウェルスナビを利用しているので、合わせて運用実績も確認してみてください。(運用実績はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA