【2019年】トラリピの運用実績をブログで紹介!豪ドル/円で検証した結果は?

まなこ
FX自動売買のトラリピで利益を出すことはできるのかな?
まなすけ
2019年6月からFX自動売買のルトラリピを始めたから、一緒に運用実績を見ていこう!
この記事のポイント
  • FX自動売買初心者でもトラリピで利益を出すことは可能
  • レバレッジは1倍~2倍程度までに抑えること
  • 短期でも利益を出すことはできるが長期運用がおすすめ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

FX自動売買の中でも人気の高い「トラリピ」。

今回は、トラリピを利用した資産運用で、利益を出すことができるのか紹介していきます。

FX」と聞くとハイリスクハイリターンのイメージがありますが、FX自動売買では設定次第でローリスクローリターン投資にすることも可能です。

実際に運用しているトラリピの設定内容についても紹介するので、参考にしてみてくださいね。

まなすけ
一緒に見ていこう~

トラリピの運用実績

2019年6月から、安定投資の「つみたてNISA」「ロボアドバイザー」「ポイント投資」とは別に、FX自動売買の「トラリピ」を投資先として追加しました。

FX自動売買のトラリピでは、短期ではなく長期運用で利益を出すことを目的としています。

1ヵ月目は+529円(+0.18%)でプラス収支に。

長期運用で少しずつ利益を確定していきたいので、実効レバレッジは約1倍で運用を行っています。

今月からトラリピの運用実績を紹介していくので、これから始められる方の参考になれば幸いです。

まなすけ
評価残高が実際の運用実績だよ

運用条件

  • マネースクエアのトラリピを利用
  • 投資金額30万円
  • 豪ドル/円で運用
  • レバレッジは約1倍
運用実績
口座資産 評価損益 評価残高
2019年6月 301,023円 -494円 300,529円(+529円

FX自動売買(ループイフダン)の運用実績はこちら

トラリピの設定内容

実際にまなすけまなこ達がトラリピで運用している設定内容について紹介します。

今回紹介している設定内容は「実効レバレッジ1倍」の設定内容です。

ローリスクローリターン、ハイリスクハイリターンで運用されたい方は、この設定を基準に設定内容の修正をしてみてくださいね。

※2019年7月更新

注文項目 内容
通貨ペア AUD/JPY
売買 買い
レンジ 60~85
注文金額(万) 0.1万
トラップ本数 40本
利益金額(円) 500円
決済トレール 設定あり
ストップロス 設定なし

トラリピの特徴

  • FX自動売買
  • 「ハーフ&ハーフ」「決済トレール」の独自機能を提供
  • 取り扱い通貨ペアが12種類と豊富
  • スプレッドが低い
  • 取引手数料が無料

FX自動売買

トラリピは、取引設定をした通りに自動で売買してくれるFX自動売買です。

同じFX自動売買のループイフダンとの違いは、

  • 通貨ペア
  • 「売」「買」設定
  • レンジ(トラップ値幅)
  • 利益金額(ドル)
  • 決済トレール
  • ストップロス

と、ループイフダンと比べて詳細に設定することができるところです。

まなすけ
ループイフダンは「買い売りの方向性」「通貨ペア」「値幅」の3つだったね

トラリピでは、レンジ(トラップ幅)を自由に設定することができるので、より詳細に運用方法を設定することができます。

「ハーフ&ハーフ」「決済トレール」の独自機能を提供

トラリピでは、レンジ(トラップ幅)を自由に設定することができるので、より詳細に運用方法を設定することができます。

また、独自の機能として「トラリピハーフ&ハーフ」「決済トレール」機能の設定が可能です。

「トラリピハーフ&ハーフ」は、トラリピを設定するレンジを決めた後に、上半分を売り、下半分を買いの設定にすることができる機能となります。

「決済トレール」は、決済価格が値動きの「トレンドを追いかけることで、利益の極大化をねらう」機能です。

簡単にいうと、「より利益を得やすいようにする機能」ですね。

取り扱い通貨ペアが12種類と豊富

マネースクエアでは取り扱いペア数が12ペアあるので、1つの通貨だけではなく、複数の通貨へ分散することが可能です。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • 南アランド/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • 豪ドル/NZドル

スプレッドが低い

スプレッドとは、売値と買値との差額のことをいいます。

このスプレッドが低いほど手数料がかからないので、お得に取引をすることが可能です。

「ループイフダン」と「トラリピ」では、若干ではありますが「ループイフダン」のほうがスプレッドが低いことがわかります。

カナダドル/円やトルコリラ/円はトラリピのほうがスプレッドが低いため、利用する通貨ペアと設定方法で選んだほうがいいですね。

通貨ペア スプレッド(ループイフダン) スプレッド(トラリピ)
米ドル/円(USD/JPY) 2.0銭 4.0銭
ユーロ/円(EUR/JPY) 3.0銭 4.0銭
英ポンド/円(GBP/JPY) 5.0銭 5.0銭
豪ドル/円(AUD/JPY) 4.0銭 5.0銭
NZドル/円(NZD/JPY) 6.0銭 8.0銭
カナダドル/円(CAD/JPY) 5.0銭 4.0銭
スイスフラン/円(CHF/JPY) 4.0銭
トルコリラ/円(TRY/JPY) 7.0銭 6.0銭
メキシコペソ/円(MXN/JPY) 7.0銭 2.0銭
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 7.0銭 3.0銭
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 2.0pip 3.0pip
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 4.0pip 3.0pip
豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 6.0pip 3.0pip
NZドル/米ドル(NZD/USD) 6.0pip

取引手数料が無料

自動売買時の取引手数料が無料なので、無駄なコストを減らすことができ利益を増やすことができます。

トラリピとは?FX自動売買の仕組みからリスク、評判、口座開設手順まで詳しく解説

トラリピのリスク

含み損が出る

相場は常に上昇・下降の値動きをしているので、必ず含み損が発生します。

トラリピ運用中は、この含み損がある前提で「短期」ではなく「中長期」運用がおすすめです。

買いの時の含み損

売りの時の含み損

ロスカット・損切り

トラリピの設定時に「レンジ幅(トラップ値幅)」を設定しますが、この値が小さいほど、想定とは異なる相場変動時の含み損が増えることになり、ロスカットされる可能性があります。

「レンジ幅(トラップ値幅)」が小さいほどハイリスクハイリターン

「レンジ幅(トラップ値幅)」が大きいほどローリスクローリターン

であることを忘れずにしましょう。

レバレッジ

FXでは、預けた資産以上の取引ができるレバレッジ取引があります。

最大25倍ものレバレッジ取引が可能ですが、ハイリスクハイリターンの取引となるので絶対にやめましょう

レバレッジをかけても最大2~3倍程度までと考えたほうがいいです。

リスクの一つとしてロスカットをあげていますが、レバレッジが低いほどこのロスカットのリスクを減らすことができます。

まずは無理のない設定(レバレッジなし・レンジ幅(トラップ値幅)を広く)でトラリピを行いましょう。

まとめ

FX自動売買のトラリピの運用実績について紹介してきました。

FX自動売買は設定次第でローリスクローリターン、ミドルリスクミドルリターン、ハイリスクハイリターンにすることができます。

まなすけまなこ達は実行レバレッジを約1倍にしているので、ローリスクローリターンの設定になります。

それでも1ヵ月で約1,000円も利益が出ているので、つみたてNISAやロボアドバイザーと比べて収益性は少し高いといえますね。

レバレッジを高くすることで、より収益性を高めることができますが、その分リスクも高くなるのでおすすめできません。

まずは低レバレッジでトラリピを始めて、少しずつ利益を確定させていくのがおすすめです。

また、FX自動売買だけではなく、安定投資の「つみたてNISA」「ロボアドバイザー」「ポイント投資」に分散投資することも忘れないようにしましょう。

FX自動売買のトラリピ以外の運用実績は以下になります。

興味を持たれている投資があれば、実際に投資するとどのくらい利益を得ることができるのか確認してみてくださいね。

◆まなすけまなこ達の投資先詳細情報はこちら

◆各投資の運用実績についてはこちら

まなすけ
いろんな投資を確認してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA