テーマ変更中です

【2019年】THEO(テオ)の最新運用実績をブログで紹介!手数料最安の効果は?

まなこ
ロボアドバイザーのテオって儲かるのかな?
まなすけ
実際にテオで投資をした結果を一緒に見てみよう
この記事のポイント
  • テオに投資をすると儲かるのか?
  • 投資をして1年ではまだ大きな利益は出ていない
  • テオは長期運用向きのおすすめ資産運用ツール

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザーのテオに投資をすると本当に儲かるのか?

投資を始めたいと考えた方がまず一番最初に思うのが利益が出るかだと思います。

今回は、実際にまなすけまなこ達がテオ運用している結果を紹介していきます。

テオで本当に利益を出すことができるのか!?

まなすけ
一緒に見ていこう~

THEO(テオ)の運用実績

2019年6月時点では+1,480円(+0.67%)のプラス収支になっています。

一番成績が悪かったのが2018年12月で、米中摩擦の影響で株価が乱高下した時ですね。

同じロボアドバイザーのウェルスナビの結果も同じく成績が悪かったです。

その後は価格が戻って安定したため、収支も安定してプラスになってきました。

運用条件

  • THEOを利用
  • 毎月1万円を積立投資
  • ボーナス時の追加投資なし
購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(-312
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円
2019年1月 170,000円 165,417円(-4,583円
2019年2月 180,000円 178,246円(-1,754円
2019年3月 190,000円 189,775円(-225円
2019年4月 200,000円 201,511円(+1,511円
2019年5月 210,000円 214,433円(+4,433円
2019年6月 220,000円 221,480円(+1,480円

運用結果から、テオではすぐに利益が出ていないことがわかります。

テオは「長期・積立・分散」が基本で、「長期的に投資・リスクを分散・複利効果で利益を得る投資です。

すぐに利益を出すことができる投資ではなく、地道にコツコツと積立を続けることで利益が期待できます。

まなすけ
テオの特徴を一緒に復習しよう

THEO(テオ)の特徴

テオには大きく分けて5つの特徴があります。

  • 1万円から手軽に「長期・積立・分散」投資
  • 6つのアセットクラスに分けた国際分散投資
  • THEO COLOR PALETTEサービス(運用手数料割引)
  • THEO Tax Optimizerサービス(自動税金最適化)
  • 自動積立による複利効果

1万円から手軽に「長期・積立・分散」投資

他のロボアドバイザー投資では、最低投資額が10万円のところが多い中、テオは最低投資額1万円から始めることができます。

投資というと「難しそう」「何をすればいいのかわからない」など、投資初心者の方がいきなり始めるのは難しいイメージですが、テオは5つの質問に答えて口座開設するだけで理想的な投資を始めることができるので安心してください。

入金・積立設定後の運用はすべて自動で行ってくれるので、手軽にロボアドバイザー投資を始めることができます。

6つのアセットクラスに分けた国際分散投資

アセットクラスとは同じようなリターン(値動き)やリスクの特性を持つ投資対象の資産種類のことをいいます。

THEOでは6つのアセットクラスに分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行います。

投資先は約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

  • 北米
  • アジア・オセアニア
  • グローバル
  • 欧州
  • 南米
まなすけ
資産運用の基本である分散投資をバランスよく行ってくれるのは助かりますね

THEO COLOR PALETTEサービス(運用手数料割引)

THEOの手数料は通常1.0%ですが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がります。

50万円からは手数料0.80%になるので、ロボアドバイザー投資の中で手数料No.1になります。

※同じロボアドバイザーのウェルスナビは長期割で最大0.90%

ロボアドバイザー投資は手数料が高いとされていましたが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%になったことで、対抗して他のロボアドバイザーの手数料も下がってくれば、より効果的に資産運用ができますね。

カラー適用条件として、毎月積立投資をしていることが条件なので気を付けましょう。

積立投資をしていない場合は「ホワイト」カラーになってしまいます。

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

THEO Tax Optimizerサービス(自動税金最適化)

2019年6月から、新たにTHEO Tax Optimizer(自動税金最適化)サービスが開始されました。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようになります。

対象は、口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方なので、テオで口座開設する際は特定口座(源泉徴収あり)で開設しましょう。

自動積立による複利効果

  • 年利0%で年間12万円投資 = 20年後は240万円
  • 年利3%で年間12万円投資 = 20年後は332万円(差額+92万円
  • 年利19%で年間12万円投資 = 20年後は756万円(差額+516万円

資産運用で受け取った分配金を自動で再投資してくれるので、再投資による複利効果で資産の成長を促すことができます。

まなすけ
複利効果は再投資することでその力を発揮してくれます
THEO(テオ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

THEO(テオ)の口座開設方法

手順1
THEOにアクセス
手順2
無料診断
5つの質問に答える
手順3
口座開設
口座開設で用意するもの
  • 運転免許証 + 通知カード 、または、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行口座番号
手順4
資産運用
入金、積立手続きを行い資産運用開始

口座は特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

THEO(テオ)のキャンペーン情報!手数料最安のロボアドバイザー投資を始めよう!

1.口座開設をクリック

2.5つの質問で無料診断

  • 年齢
  • 年収
  • 毎月の貯金額
  • 現在の金融資産額
  • THEOをいくらで始めたいか

無料診断はスキップすることができますが、5つの質問に回答するだけで資産運用予想がわかるので便利です。

3.メールアドレスの登録

4.パスワードの設定

5.資産運用方針の設定(変更可能)

6.お客様情報の入力

お名前、生年月日、住所などを入力しましょう。

7.THEO口座種別選択

おすすめは確定申告をTHEOに任せる「特定口座・源泉徴収あり」口座です。

8.個人情報保護方針の確認

9.入力内容の確認

記載された入力内容に間違いがなければOKです。

後は、本人確認書類の提出と契約書類の確認をして口座開設完了となります。

まとめ

テオの運用実績を紹介していきましたが、すぐに利益が出ていませんね。

理由は、テオはハイリスクハイリターンのような投資ではないからです。

テオは「長期・積立・分散」が基本で、「長期的に投資・リスクを分散・複利効果で利益を得る投資です。

資産運用中は必ず経済状況に波(米中摩擦など)があるので、資産も同じく増減します。

約1年間の資産推移からも、2018年12月はマイナスだったのが2019年4,5,6月にはプラスになってますね。

テオは、このような流れで少しずつ資産が増えていきます。

テオに少しでも興味を持たれた方は、すぐに利益が出る投資ではないことをきちんと把握しておきましょう。

まなすけまなこ達が実際に投資しているポイント投資やつみたてNISAについても一緒に確認してみてくださいね。

◆まなすけまなこ達の投資先詳細情報はこちら

◆各投資の運用実績についてはこちら

まなすけ
いろんな投資を確認してみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA