THEO Color Paletteでロボアドバイザー投資の手数料が最安に!ウェルスナビの長期割との比較結果も紹介

まなこ
THEO(テオ)が始めた新しい手数料体系のTHEO Color Paletteって何かな?
まなすけ
積立を続けると手数料が安くなるサービスだね!どのくらい安くなるのか、他のロボアドバイザーと比較しながら一緒に見ていこう
この記事のポイント
  • THEO(テオ)で新しい手数料体系「THEO Color Palette」が導入
  • 手数料はTHEOが最大0.65%となりロボアドバイザー最安
  • ロボアドバイザー投資は運用手数料が安いTHEO(テオ)がおすすめ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザー投資で人気なのはウェルスナビですが、テオが新しい手数料体系を発表したことで、人気順位が変わりそうです。

今回はTHEOの新しい手数料体系「THEO Color Palette」の内容と、ウェルスナビの長期割と比較した結果について紹介していきます。

結論から言うと、「THEO Color Palette」が圧勝です。

まなすけ
運用手数料がどのくらい安くなるか一緒に見ていこう~

THEO Color Paletteとは?

THEO Color Paletteは、ご利用状況に応じて手数料が最大0.65%(年率・税別)まで引き下げられる新しい手数料体系です。

事前エントリー等は不要なので、条件(積立投資)に沿ったテオの利用をしている方は全員手数料が安くなります。

まなすけ
いいね

適用条件

適用条件

  • テオ・テオプラスの両方に対応
  • 積立投資をしている方
  • 投資期間中に出金していない方

テオ・テオプラスの両方に対応しています。

THEO Color Paletteの適用条件として、積立投資と投資期間中に出金していない2つを満たしていないといけません。

ただ、この2つの条件を満たすだけで手数料が安くなるので、テオで投資を始める方は利用したほうがお得ですね。

カラー(手数料)

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

積立投資を行っていない方はホワイトで、今までと同じ手数料1.0%です。

ブルーから手数料が低くなり、レッドでは最大0.65%になります。

0.65%の条件は1,000万円以上運用する必要があるのでハードルは高いですが、積立するだけで手数料が安くなるブルーはお手軽でおすすめです。

ブルーの手数料0.90%なので、他のロボアドバイザー投資の手数料(約1.0%)と比べてもお得ですね。

カラーの決定方法1年間を4つの期間に分けて、それぞれの対象期間内の利用状況に応じてカラーが決定します。

  • 対象期間A:4月、5月、6月
  • 対象期間B:7月、8月、9月
  • 対象期間C:10月、11月、12月
  • 対象期間D:1月、2月、3月

対象の3ヵ月の間で積立をしなかった、出金してしまった場合は「ホワイト」になってしまうので注意しましょう。

ウェルスナビの長期割とどちらがお得?

ウェルスナビの長期割は、続けた期間と運用金額に応じて6カ月ごとに手数料の割引がされ、最大0.90%まで割引されるサービスです。

ウェルスナビで運用手数料を0.90%にするためには、50万円以上の運用を2年半以上する必要があります。

テオでは1万円を入金して3ヵ月間積立投資を行うだけで手数料が0.90%になるので、どちらが簡単か一目瞭然ですね。

同じロボアドバイザーの楽ラップと比べても、テオの手数料が安いことがわかります。

項目 THEO WealthNabi 楽ラップ
最低初期投資金額 1万円 10万円 10万円
自動積立 1万円~ 1万円~ 1万円~
手数料(割引込) 0.90~0.65% 0.90% 0.99%
最大割引までの期間 3ヵ月 2年6ヵ月

THEO(テオ)の特徴

手数料が安くなったテオに興味を持たれた方は、テオの特徴ついても確認しておきましょう。

  • 1万円からロボアドバイザー投資
  • 世界約86カ国1万1,000銘柄に分散投資
  • ポートフォリオの自動リバランス
  • THEO Tax Optimizerで税金最適化

1万円からロボアドバイザー投資

他のロボアドバイザーの最低投資額は10万円とかが多い中、テオは1万円からロボアドバイザー投資をすることができます。

少額からロボアドバイザー投資を始められ、他のロボアドバイザーと比べて気軽に投資ができるのが良いですね。

自動積立サービスもあるので、まずは1万円から投資をして毎月コツコツと積立投資を始めることもできます。

世界約86カ国1万1,000銘柄に分散投資

約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

また、投資先は6つのアセットクラスに分類しているので、バランスよく分散投資ができます。

分散投資することで投資リスクを低減し、安定した資産運用を実現することができますね。

ポートフォリオの自動リバランス

長期運用時に崩れてしまったポートフォリオを自動でリバランスしてくれます。

リバランスによりポートフォリオを維持して収益性を高めることを目指していますが、確実に収益性を高めることではないので注意が必要です。

リバランスによる効果は市場と連動しており、構成ETFの見直しはグロース・インカム・インフレエッジ毎に実施します。

  • グロース:3ヵ月毎
  • インカム:3ヵ月毎
  • インフレエッジ:1ヵ月毎
ポートフォリオの内訳
種類 グロース インカム インフレエッジ
ニーズ 長期的に資産を形成したい 低いリスクでインカム収入を得たい 保有資産の実質的価値の目減りを避けたい
組入れETF 新興国株・先進国株 ハイイールド債券・先進国債券・投資適格債券・新興国債券 コモディティ・リート(不動産)・先進国株・先進国国際

THEO Tax Optimizerで税金最適化

2019年6月から、新たにTHEO Tax Optimizer(自動税金最適化)サービスが開始されました。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようになりました。

対象は、口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方なので、テオで口座開設する際は特定口座(源泉徴収あり)で開設しましょう。

THEO(テオ)の始め方

手順1
THEOにアクセス
手順2
無料診断
5つの質問に答える
手順3
口座開設
口座開設で用意するもの
  • 運転免許証 + 通知カード 、または、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行口座番号
手順4
資産運用
入金、積立手続きを行い資産運用開始

口座は特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

THEO(テオ)のキャンペーン情報!手数料最安のロボアドバイザー投資を始めよう!

1.口座開設をクリック

2.5つの質問で無料診断

  • 年齢
  • 年収
  • 毎月の貯金額
  • 現在の金融資産額
  • THEOをいくらで始めたいか

無料診断はスキップすることができますが、5つの質問に回答するだけで資産運用予想がわかるので便利です。

3.メールアドレスの登録

4.パスワードの設定

5.資産運用方針の設定(変更可能)

6.お客様情報の入力

お名前、生年月日、住所などを入力しましょう。

7.THEO口座種別選択

おすすめは確定申告をTHEOに任せる「特定口座・源泉徴収あり」口座です。

8.個人情報保護方針の確認

9.入力内容の確認

記載された入力内容に間違いがなければOKです。

後は、本人確認書類の提出と契約書類の確認をして口座開設完了となります。

まとめ

新しい手数料体系「THEO Color Palette」で、THEO手数料がロボアドバイザーで一番安くなりました。

手数料が安いからといっても、ウェルスナビよりも資産運用結果が劣っていると元も子もないですが、2018年5月から始めたロボアドバイザー投資結果から、ほとんど差はないです。

2019年3月22日時点で、ウェルスナビが「393,372円(+3,372円(+0.86%))」、テオが「182,078円(+2,078円(+1.15%)))」です。

まなすけ
テオが少し勝ってるね

他のロボアドバイザーは最低投資金額が10万円からが多い中、1万円から投資が可能で積立投資だけで手数料が割引されるのはうれしいポイントですね。

これからロボアドバイザー投資を始めたい方、テオ以外のロボアドバイザーで運用をされている方は、この機会にTHEOで口座開設をして運用をしてみてはいかがでしょうか?

今まではウェルスナビが人気でしたが、今後、テオの人気が上がってきそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA