THEO+とは?THEOと資産運用方法に違いはない!?種類と特徴について紹介

まなこ
ロボアドバイザーのTHEOにはTHEO+があるけど何が違うのかな?何か+されてるの?
まなすけ
THEO+はTHEOと基本サービスは同じだよ!THEO+とTHEOの違いについて紹介していくね。
この記事のポイント
  • THEO+とTHEOの基本サービス内容は一緒
  • THEO Tax OptimizerはTHEOだけなので注意
  • ロボアドバイザーはTHEO+ではなくTHEOがおすすめ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザー投資で人気のTHEOですが、同じTHEOでも+(プラス)が付いているものがありますね。

今回は、この+(プラス)が付いたTHEO+について、通常のTHEOとどのように違いがあるのか紹介していきます。

THEO+とは?

THEO+とは、THEOを提供している「お金のデザイン」ではない、THEOと提携している会社がTHEOのサービスを提供していることをいいます。

THEO+だからといってTHEOと基本サービスに違いはないので安心してください。

運用方法に違いはないですが、提携先独自の特典はあるので確認が必要です。

THEO+一覧

  • THEO+「docomo」
  • THEO+「住信SBIネット銀行」
  • THEO+「SBI証券」
  • THEO+「JAL」
  • THEO+「新生銀行」
  • THEO+「山口銀行」
  • THEO+「もみじ銀行」
  • THEO+「北九州銀行」
  • THEO+「武蔵野銀行」
  • THEO+「福岡銀行」
  • THEO+「熊本銀行」
  • THEO+「親和銀行」
  • THEO+「OKB銀行(大垣共立銀行)」
  • THEO+「北越銀行」
  • THEO+「朝日信用銀行」
  • THEO+「沖縄銀行」
  • THEO+「筑波銀行」
  • THEO+「伊予筑波銀行」
  • THEO+「愛媛銀行」
  • THEO+「富山第一銀行」
  • THEO+「青山財産ネットワークス」

THEO+の運用方法は?

THEO+とTHEOの運用方法は基本的には同じです。

THEO(テオ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

長期・積立・分散投資

投資の基本である長期・積立・分散を自動で行ってくれるのがポイントです。

口座へ最低投資金額を入金すると、自動でポートフォリオを構築してETF(上場投資信託)を購入してくれます。

1万円から投資可能

1万円から国際分散投資ができ、分散投資によりリスクを低くして収益を安定させることができます。

分散投資は6つアセットクラスにそれぞれバランスよく分散投資を行います。

※アセットクラス:同じようなリターン(値動き)やリスクの特性を持つ投資対象の資産種類のこと

ロボアドバイザーがすべて自動で資産運用を行ってくれるので、相場の動向や事前知識は不要です。

毎月決まった日に決まった金額を自動で入金できる積立サービスも利用できるので、1万円から投資を始めて毎月コツコツと積立投資を始めることができます。

自動リバランス

ポートフォリオを定期的に自動でリバランスを行ってくれます。

リバランスによりポートフォリオを維持して収益性を高めることを目指していますが、確実に収益性を高めることではないので注意が必要です。

分配金の自動再投資

  • 年利0%で年間12万円投資 = 20年後は240万円
  • 年利3%で年間12万円投資 = 20年後は332万円(差額+92万円
  • 年利19%で年間12万円投資 = 20年後は756万円(差額+516万円

資産運用で受け取った分配金を自動で再投資してくれるので、再投資による複利効果で資産の成長を促すことができます。

まなすけ
複利効果は再投資することでその力を発揮してくれます

ロボアドバイザー最安の手数料

THEOの手数料は通常1.0%ですが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がります。

THEO+も2019年7月から「THEO COLOR PALETTE」が適用されるので、同じく手数料が最大0.65%になるので安心してください。

50万円以上からは手数料0.80%になるので、ロボアドバイザー投資の中で手数料No.1になります。

※同じロボアドバイザーのウェルスナビは長期割で最大0.90%

カラー適用条件として、毎月積立投資をしていることが条件なので気を付けましょう。

積立投資をしていない場合は「ホワイト」カラーになります。

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

THEO+とTHEOの違いは?

THEO+には「THEO Tax Optimizer(自動税金最適化)」が適用されないことです。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようなりました。

基本的なサービスは同じですが、2019年6月から始まったTHEO Tax Optimizerは適用されないので注意してください。

ただ、THEO Color PaletteがTHEO+にも適用されたので、今後THEO+に適用される可能性はあります。

THEO+とTHEOの特典の違いは?

提携先 特典内容
THEO 現金プレゼント等のキャンペーンが定期的に実施されます。
docomo 預かり資産額に応じてdポイントが付与されます。(dポイント1.5倍)
住信SBIネット銀行 ランクに応じてATM&振込手数料の無料回数がアップされます。
SBI証券 SBI証券を既に持っている場合はTHEOよりも少し早く口座開設が可能です。
JAL 預かり資産額に応じてJALマイルが付与されます。
銀行各社 入金手数料が無料になります。

THEOだと定期的にキャンペーンを実施しているので、THEO+と比べてお得に資産運用ができます。

THEO+docomo・THEO+JALユーザーもdポイントやマイルが貯まるのでお得ですが、THEOのキャンペーンと比べると見劣りしてしまいますね。

THEO(テオ)のキャンペーン情報!手数料最安のロボアドバイザー投資を始めよう!

THEO+とTHEOどちらがおすすめ?

THEO」がおすすめです。

理由は2つあります。

1.THEO Tax Optimizer(自動税金最適化)に対応している

ロボアドバイザー投資は、複利効果を利用した「長期運用」で利益を出す投資です。

THEO Tax Optimizerにより税負担を軽減することができるので、効率よく運用することができ、長期運用に適しています。

2.定期的に現金プレゼントキャンペーン等がありお得に始めることができる

キャンペーンを利用することで、THEO+よりもお得にロボアドバイザー投資を始めることができます。

キャンペーンの条件も入金・積立するだけなので、簡単にキャンペーン特典を受け取ることが可能です。

受け取った特典は、そのままTHEOで運用する資金にすることもできるのでお得です。

まとめ

THEO+とTHEOの基本サービスの内容に違いはなく、THEO Tax Optimizer(自動税金最適化)だけTHEOにしか提供されていないので注意が必要です。

また、THEO独自のキャンペーンのほうがお得なキャンペーンが多いので、docomoユーザーやJALユーザーでない限りは、THEOでロボアドバイザー投資を始められることをおすすめします。

THEO+とTHEOは、投資者保護基金による保障により、銀行と同じく万が一破綻しても1,000万円まで補償されるので、安心安全に資産運用が可能です。

資産運用に少しでも興味を持たれた方は、THEO+・THEO共に口座開設無料なので一緒にロボアドバイザー投資を始めましょう。

まなすけ
一緒に始めよう~

まなすけまなこ達はTHEOで資産運用しているので合わせてチェックしてみてくださいね。(運用実績はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA