THEO(テオ)への投資をおすすめしない方を紹介!まずは最低限の貯金から

まなこ
THEO(テオ)へ投資しないほうがいい人っているのかな?
まなすけ
THEO(テオ)に投資をしないほうがいい人はいるよ!どんな人が対象なのか一緒に見ていこう!
この記事のポイント
  • まずは最低限の貯金を始めよう
  • 非課税のつみたてNISAもおすすめ
  • 自分で資産運用できる方はTHEOは不要
  • リバランスや再投資などの手間を考えるとTHEOがおすすめ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザーの中でも人気の高いTHEOですが、THEOへ投資をしないほうがいい人も実際にはいます。

どんな方がTHEOへの投資に向いていないのか、今回の記事で詳しく紹介していきますね。

まなすけ
まずはTHEOの特徴から一緒に見ていこう~

THEO(テオ)の特徴

THEOの特徴

  • 自動資産運用
  • 少額(1万円)から国際分散投資
  • THEO COLOR PALETTE(手数料割引)
  • THEO Tax Optimizer(自動税金最適化)
  • 投資者保護基金による保障

自動資産運用

THEOはロボアドバイザー投資です。

ロボアドバイザー投資は、投資の基本である「長期・積立・分散」投資をすべて自動で行ってくれます。

  • 資産運用が初めてで不安な方
  • 資産運用をする時間がない方
  • 株や投資信託など何を購入すればいいかわからない方

におすすめの投資です。

まなすけ
自動運用だから入金するだけでOK

少額(1万円)から国際分散投資

THEOでは、ロボアドバイザーの中でも珍しい1万円から投資することができ、1万円(最低投資額)を入金することで、自動でポートフォリオを構築してETF(上場投資信託)を購入してくれます。

購入するETFは、約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散して投資を行ってくれるので安心です。

  • 北米
  • アジア・オセアニア
  • グローバル
  • 欧州
  • 南米

投資後はすべて自動で資産運用してくれるので、相場の動向や事前知識が不要なのもポイントですね。

まなすけ
事前知識不要で世界に分散投資できるよ

THEO COLOR PALETTE(手数料割引)

THEOの新しい手数料体系の「THEO COLOR PALETTE」です。

THEO COLOR PALETTEは手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がり、他のロボアドバイザーの中でも一番安い手数料となっています。

手数料の割引は運用額に応じて変更されるので、いくら運用すればどのくらいの手数料になるのか確認しましょう。

※カラー適用条件として、毎月積立投資をしていることが条件なので気を付けましょう。積立投資をしていない場合は「ホワイト」カラーになります。

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上
まなすけ
1万円からでも手数料が0.90%になるからお得だね

THEO Tax Optimizer(自動税金最適化)

2019年6月から、新たにTHEO Tax Optimizer(自動税金最適化)サービスが開始されました。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようになります。

対象は、口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方なので、テオで口座開設する際は特定口座(源泉徴収あり)で開設しましょう。

まなすけ
ウェルスナビも同じように自動税金最適化サービスを提供してるね

投資者保護基金による保障

THEO(テオ)では以下のセキュリティ対策を継続的に実施しているので、安心安全に投資をすることができます。

また、投資者保護基金により最大1,000万円まで補償されるので安心です。

  • 組織的な対策
    -継続的な管理を進めるための社内組織・管理ルールの設定、内部監査態勢の整備 等
  • 人的な対策
    -情報取扱者のリテラシー維持・向上 等
  • 技術的な対策
    -通信やデータの暗号化、アクセス制御、漏えい・毀損等の防止策 等

その他、外部委託先企業に対しても、同様に管理監督しています。

引用元:https://blog.money-design.com/cx-blog-06-2e1d6d8024e2

まなすけ
銀行と同じ1,000万円まで補償されるよ

THEO(テオ)をおすすめしない方

THEOをおすすめしない方
  • 最低限の貯金がない方
  • つみたてNISAを利用していない方
  • 自分で投資ができる方(ポートフォリオの構築やリバランス等)

最低限の貯金がない方

投資を始めたいと考えている方は、まず最低限の貯金があることを確認してください。

最低限の貯金がない方は、THEOに投資するのではなく、まずはじめに最低限の貯金を確保するために節約を始めましょう。

最低限貯めておいたほうが金額は人それぞれですが、例としてあげると、

手取り収入が20万円の方

  • 20万円のうち生活費で15万円を使っている場合:「45万円~90万円

なぜ45万円~90万円なのかは、現在かかっている生活費の「3か月~6ヵ月」分は貯めておいたほうがいいと考えているからです。

仕事をされている方で自己都合による退職をされた場合、「失業給付金」を受けるまで最低でも3か月かかってしまいます。

急な病気をして入院した場合や、職場の移動で引っ越しする場合など、突発的にかかるお金があることも覚えておきましょう。

このようなことが発生しないかもしれませんが、もし発生した場合に対処できるよう最低限の貯金を用意しておく必要があります。

毎月の生活費を計算して自分の預金通帳を見て、最低限の貯金がない方は、THEOに投資するのではなく、まずは節約して貯金を増やしましょう。

まなすけ
最低限100万円の貯金は用意したほうがいいね

つみたてNISAを利用していない方

つみたてNISAは最長20年間非課税で投資することができます。

投資できる商品も金融庁が「長期・積立・分散」に適していると判断された投資信託・ETFに限定されているので安心です。

つみたてNISAの中でおすすめしている「eMAXIS Slimシリーズ」の手数料は約0.1%~0.2%程度のものがほとんどなので、THEOの手数料0.65%と比較して安いことがわかります。

以上の理由から、つみたてNISAを利用していない方は、THEOではなく、まずはつみたてNISAを利用した投資を始めましょう。

ただ、つみたてNISAの場合はどのように分散投資するか、購入後のリバランス等も自分で考えて行わなくてはいけません。

気になる手数料も「THEO COLOR PALETTE」で最大0.65%になり、プラス自動税金最適化で0.5%前後になるので、購入後の資産運用を全て自動で行ってくれるTHEOの手数料は、そこまで高くはなく良心的だと考えています。

まなすけ
手間をかけたくない方はTHEOがおすすめだよ
つみたてNISAとは?なぜ投資初心者におすすめの投資なのかその理由について紹介

自分で投資ができる方(ポートフォリオの構築やリバランス等)

自分で資産運用をすべてできる方は、THEOに投資するべきではないですね。

ロボアドバイザー投資の中でネックになるのが手数料です。

1年間で100万円を資産運用した場合、THEOと投信信託の「eMAXIS Slimシリーズ」を比較すると、

  • 手数料0.2%の場合:2,000円が手数料として引かれる
  • 手数料0.65%の場合:6,500円が手数料として引かれる

自分考えて分散投資をして、手数料を0.2%に抑えることができれば、毎年4,500円分をTHEOより多く手にすることができ、再投資による複利効果も期待できます。

ただし、前項でも話をしましたが、どのような商品を購入して、どのように分散投資するのか、購入後のリバランスや再投資を別途考える必要があります。

この作業ができる方はTHEOではなく自分で投資をするのがおすすめです。

まなすけ
まなすけはほったらかし運用だよ

THEO(テオ)をおすすめする方

THEOをおすすめする方
  • 資産運用初心者の方
  • 仕事や家事で忙しい方
  • 資産運用に手間をかけたくない方

つみたてNISAをおすすめはしていますが、証券会社に口座開設をしたり積立購入する投信信託を選んだりと、THEOと比べて手間がかかってしまいます。

THEOは5つの質問に答えて口座開設をして入金・積立するだけでOKです。口座開設時間も5分程度で終わるので簡単。

これだけで、投資の基本である「長期・積立・分散」投資をすることができるので、何から始めればいいかわからない投資初心者の方におすすめの投資といえます。

また、運用後のリバランスや再投資の作業も不要なので、仕事や家事で時間が取れないサラリーマンや主婦の方にもおすすめです。

という、資産運用に極力手間をかけたくない方にもピッタリな投資がTHEOです。

まなすけ
口座開設と入金・積立設定だけがんばって!

THEO(テオ)の始め方

THEOに少しでも興味を持たれた方は、まずは無料で口座開設してみましょう。口座開設は5分程度で終わっちゃいます。

口座は特定口座(源泉徴収あり)がおすすめです。

手順1
THEOにアクセス
手順2
無料診断
5つの質問に答える
手順3
口座開設
口座開設で用意するもの
  • 運転免許証 + 通知カード 、または、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行口座番号
手順4
資産運用
入金、積立手続きを行い資産運用開始
THEO(テオ)の始め方!口座開設から入金、積立方法の手順を詳しく解説

1.口座開設をクリック

2.5つの質問で無料診断

  • 年齢
  • 年収
  • 毎月の貯金額
  • 現在の金融資産額
  • THEOをいくらで始めたいか

無料診断はスキップすることができますが、5つの質問に回答するだけで資産運用予想がわかるので便利です。

3.メールアドレスの登録

4.パスワードの設定

5.資産運用方針の設定(変更可能)

6.お客様情報の入力

お名前、生年月日、住所などを入力しましょう。

7.THEO口座種別選択

おすすめは確定申告をTHEOに任せる「特定口座・源泉徴収あり」口座です。

8.個人情報保護方針の確認

9.入力内容の確認

記載された入力内容に間違いがなければOKです。

後は、本人確認書類の提出と契約書類の確認をして口座開設完了となります。

まとめ

THEOのおすすめしない方について紹介してきましたが、

THEOをおすすめしない方
  • 最低限の貯金がない方

→まずは3ヵ月~6ヵ月程度生活できる貯金をしよう

  • つみたてNISAを利用していない方

→商品購入後のリバランスなどの手間を考えるとTHEOがおすすめ

  • 自分で投資ができる方(ポートフォリオの構築やリバランス等)

→運用にかかる手数料を0.2%~0.4%以内に抑えリバランスなどもできればTHEOは不要

本当におすすめできない方は「最低限の貯金がない方」だけです。

その他については、資産運用開始後のリバランスや再投資、税金最適化等の手間を考えるとTHEOがおすすめです。

まなすけ
手数料も良心的だしね

最低限の貯金がない方は、まず最低限の貯金ができるように収入を増やすか節約をしてお金の支出を減らして貯金をしましょう。

貯金を頑張っている期間は、お金を利用せずに投資ができるポイント投資で肩慣らしをされるのもおすすめです。

THEOだけではなく、どんな投資にもいえることですが、まずは最低限必要な貯金をすることが大切です。

余剰資金でないお金を利用して無理にお金を増やすのではなく、余剰資金で投資を行い楽しみながら資産運用をしましょう。

余剰資金でないお金で投資すると、少しの資産変動でも一喜一憂してしまい、仕事中も資産状況を見たり、資産が減ると不安でしょうがなくなります。

投資は必ず余剰資金で投資を行い、楽しみながら資産運用をやっていきましょう。

まなすけ
一緒に資産運用を楽しもう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA