ロボアドバイザー 投資

THEO(テオ)とは?手数料最安のロボアドバイザーを一緒に始めよう!

投稿日:2018年5月17日 更新日:

スポンサーリンク

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ロボアドバイザーのTEHO(テオ)をご存知でしょうか?

ロボアドバイザーのTHEO(テオ)は、まず貯金!という常識を変えるべく生まれたサービスです。

まなすけまなこ達も、投資を始める前は貯金一択でした。

THEO(テオ)はロボアドバイザーの特性を生かした、時間や手間をかけることがない、誰でも簡単にできる投資を実現しています。

この記事では、THEO(テオ)の特徴からサービス内容について、実際にTHEO(テオ)で投資をしているまなすけまなこ達が、わかりやすく紹介していきます。

今回紹介するのはTHEOですが、THEO+も同じ運用方法になります。THEO+ついては以下の記事をご確認ください。
THEO+とは?THEOと資産運用方法に違いはない!?種類と特徴について紹介!

続きを見る

この記事のポイント

  • 投資の基本である「長期・積立・分散」をほったらかしでできる
  • 1万円から投資可能(ポートフォリオ構築は10万円から)
  • 分配金の再投資や自動リバランスも自動化
  • 手数料はロボアドバイザー最安!(条件あり)
  • 投資者保護基金による補償(1,000万円まで)で安心安全

特徴・サービス内容

簡単に長期・積立・分散投資ができるできる

TEHO(テオ)は、投資の基本である、

  • 長期的に
  • 投資先を分散して
  • 積み立て投資

を自動で行ってくれます。

投資というと「難しそう」「何をすればいいのかわからない」など、投資を初心者がいきなり始めるのは難しいイメージですが、TEHO(テオ)は5つの質問に答えて口座開設するだけで理想的な投資を始めることができます!

5つの質問に答える→口座開設→資産運用開始の簡単3ステップでできるのは簡単で嬉しいね!

資産運用方針

口座へ最低投資金額を入金すると、自動でポートフォリオを構築してETF(上場投資信託)を購入してくれます。

投資金額が10万円以下の場合はポートフォリオの構築がされないので注意!

1万円(最低投資額)から手軽に国際分散投資

1万円から国際分散投資ができ、分散投資によりリスクを低くして収益を安定させることができます。

また、ロボアドバイザーがすべて自動で資産運用を行ってくれるので、相場の動向や事前知識は不要です。

毎月決まった日に決まった金額を自動で入金できる積立サービスも利用できるので、1万円から投資を始めて毎月コツコツと積立投資を始めることもできます。

ボーナス月は積立金額を増やすことも可能です!

約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています!

投資先

  • 北米
  • アジア・オセアニア
  • グローバル
  • 欧州
  • 南米

アセットクラスの分散

アセットクラスとは同じようなリターン(値動き)やリスクの特性を持つ投資対象の資産種類のことを指します。

THEO(テオ)では6つのアセットクラスに分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行います。

資産運用の基本である分散投資をバランスよく行ってくれるのは助かりますね!

自動リバランス

ポートフォリオを定期的に自動でリバランスを行ってくれます。

リバランスによりポートフォリオを維持して収益性を高めることを目指しています。

リバランスにより確実に収益性を高めることではないので注意が必要です。リバランスによる効果は市場環境と連動します。

構成ETFの見直し

  • グロース:3ヶ月毎
  • インカム:3ヶ月毎
  • インフレエッジ:1ヶ月毎

分配金の自動再投資

資産運用で受け取った分配金を自動で再投資してくれるので、再投資による複利効果で資産の成長を促すことができます。

福利効果は再投資することでその力を発揮してくれます!

ポイント

  • 毎年1万円を投資せずに貯金した場合 → 30万円
  • 毎年1万円を投資して利息を再投資した場合 → 83万円

手数料がロボアドバイザー最安!

THEO(テオ)の手数料は通常1.0%ですが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がります!

THEO(テオ)の最低投資額が1万円からなのでいきなり「ブルー」から始められますね。

50万円からは手数料0.80%なので、ロボアドバイザー投資の中で手数料No.1になります!

カラー適用条件

  • 毎月積立をしていること。積立をしていない場合は「ホワイト」カラーになるので注意しましょう!
同じロボアドバイザーのWealthNabi(ウェルスナビ)の長期割でも0.90%だから手数料最安ですね!

THEO(テオ)を調べてみる

  • カラー(引き下げ率)
カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00% -
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

リアルタイム入金対応

クイック入金(無料)で24時間365日リアルタイムで口座に入金可能です。

クイック入金対応銀行

  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行はロボアドバイザーや仮想通貨で資産運用する際に便利なので口座開設しておいて損はないです!

円貯金との比較

THEO(テオ)の運用と円貯金で比較して期待される結果になります。

円貯金だけではなく世界の資産に分散投資することで、10年後~20年後の資産が違ってくることがわかります。

絶対にこのような結果になるとは限りませんが、THEO(テオ)では時間や手間をかけることなく合理的な資産運用を行うことができるロボアドバイザーです。

すべての資産を運用に回すのではなく、余情資金で少しづつ運用をはじめましょう!

スマホアプリで手軽に投資

万全のセキュリティ体制と投資者保護基金による保障

THEO(テオ)では以下のセキュリティ対策を継続的に実施しています。

また、投資者保護基金により最大1,000万円まで保障されるので安心です。

  • 組織的な対策
    -継続的な管理を進めるための社内組織・管理ルールの設定、内部監査態勢の整備 等
  • 人的な対策
    -情報取扱者のリテラシー維持・向上 等
  • 技術的な対策
    -通信やデータの暗号化、アクセス制御、漏えい・毀損等の防止策 等

その他、外部委託先企業に対しても、同様に管理監督しています。

引用元:https://blog.money-design.com/cx-blog-06-2e1d6d8024e2

銀行等と同じく、万が一破綻しても1,000万円まで補償されるので安心です。

THEO User's Voice

THEOについての特徴や感想について、ユーザー目線で紹介されてるので参考にしてみてくださいね。

THEO+

THEO(テオ)はdocomo、JAL、SBI証券等と提携をしており、提携会社で購入することができるのがTHEO+と言われる商品になります。

THEO+とは?THEOと資産運用方法に違いはない!?種類と特徴について紹介!

続きを見る

ただ、THEO(テオ)とTHEO+の基本サービスに差分はありませんのでご安心ください。

THEO(テオ)は定期的にキャンペーン(キャッシュバック等)を開催しているので、THEO+よりもお得に資産運用ができるのでおすすめです。

種類

  • THEO(テオ)
  • THEO+docomo
  • THEO+SBI証券
  • THEO+JAL
  • etc…

購入までの流れ

口座開設から購入までの流れ

1.運用プラン診断

2.口座開設

用意するもの

  • 運転免許証 + 通知カード 、または、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行口座番号

3.口座開設完了(最短2営業日)

4.口座へ最低投資額を入金

5.資産運用スタート

実際の運用状況

長期運用をしていると、経済状況の影響で必ず資産が増減することは把握しておきましょう!まなすけまなこも最大-10.49%まで落ち込んだこともありますが、2019年4月時点では+2.32%とプラス収支なってます。

まとめ

THEO COLOR PALETTE」により、ロボアドバイザー最安の0.65%(年率・税別)で長期・積立・分散投資ができます!

定期的に自動リバランスも行ってくれるので、購入後はほったらかしでも問題ないですね。

投資金額が10万円以上の場合はポートフォリオが構築されない点を除けば、最低1万円から投資ができるのは魅力的でおすすめです!

TEHO(テオ)

THEO(テオ) ロボアドバイザー

THEO(テオ)では1万円から長期・積立・分散投資ができます。THEO Color Paletteで手数料最大0.65%(ロボアド最安)!自動リバランスで収益性を高め、投資者保護基金による保障で安心安全に投資を行おう!

また、THEO(テオ)では定期的にキャンペーンも実施しているので合わせてチェックしてみてください。

【2019年最新版】THEO(テオ)・THEO+(プラス)のキャンペーン情報まとめ!投資はAIにお任せしよう!

続きを見る

手数料が同じWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)のどちらがおすすめかと言われるとまだ回答は難しいので、実際に運用した結果をもとに紹介していければと思います。(運用実績はこちら

まなな~

スポンサーリンク

-ロボアドバイザー, 投資
-,

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.