ロボアドバイザー比較!ウェルスナビ・テオ・楽ラップ3社のおすすめランキングを紹介

まなこ
ウェルスナビ・テオ・楽ラップのどれが一番おすすめ?
まなすけ
項目毎に比較してみて、どのロボアドバイザーがおすすめか一緒に確認してみよう
この記事のポイント
  • 手数料割引:ウェルスナビ・テオ
  • 自動税金最適化(DeTAX):ウェルスナビ・テオ
  • 下落ショック軽減機能(TVT機能):楽ラップ
  • おすすめ:テオ=ウェルスナビ>楽ラップ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

投資先として人気が出ているロボアドバイザーですが、ロボアドバイザーを提供している会社が複数存在しているため、

  • どのロボアドバイザーを選べばいいかわからない
  • お得なロボアドバイザーがわからない
  • ロボアドバイザーごとの特徴やメリット・デメリットがわからない

という方も多いと思います。

今回は、ロボアドバイザーの中でも人気の3社(ウェルスナビ・テオ・楽ラップ)を比較して詳しく紹介していきます。

また、どのロボアドバイザーに投資するのがおすすめなのか、合わせて紹介していきますね。

ウェルスナビ

  • ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズム
  • 世界約50カ国1万1,000銘柄に分散投資
  • 長く運用を続けることで手数料を割引(長期割)
  • 分配金の再投資やポートフォリオの自動リバランス
  • 自動で税金の最適化(DeTAX)

ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズム

ウェルスナビの運用には、ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズムが利用されています。

この金融アルゴリズムに従って自動資産運用を行ってくれるので、投資知識や市場の動向などの事前知識が不要です。

投資初心者の方も、投資のプロと同じように資産運用をすることができます。

世界約50カ国1万1,000銘柄に分散投資

投資リスクを分散させるため、ウェルスナビは世界約50ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

投資先は資産クラスに分けられており、この資産クラスに分散投資することで投資リスクを分散させています。

一つの投資先が落ち込んでも、その他の投資先でカバーすることができるので、世界経済の成長と一緒にリターンを得ることが期待できますね。

長く運用を続けることで手数料を割引(長期割)

ウェルスナビを続けた期間と運用金額に応じて6カ月ごとに手数料の割引がされるサービスです。

手数料は最大0.90%まで割引されるので、お得に長期運用することができますね。

  • 長期割の判定は毎月1日に実施され、総入金額(長期割判定額)が50万円以上あると当月から長期割期間が開始
  • 出金を行うと「長期割期間」は終わってしまうので注意が必要です。再度投資を行うことで再び「長期割期間」は開始されます
  • 50万円~200万円未満の場合:割引率0.01%(年率)
  • 200万円以上の場合:割引率0.02%(年率)

分配金の再投資やポートフォリオの自動リバランス

ウェルスナビは、資産運用で受け取った分配金が一定額以上になると、自動で再投資を行ってくれます。

この再投資により、複利効果による資産の成長を促すことができ、長期運用で安定して資産を増やしていくことが期待できます。

  • 年利0%で年間12万円投資 = 20年後は240万円
  • 年利3%で年間12万円投資 = 20年後は332万円(差額+92万円
  • 年利19%で年間12万円投資 = 20年後は756万円(差額+516万円

また、長期運用中にポートフォリオが崩れても自動でリバランスしてくれるので、投資を始めたときと同じポートフォリオで資産運用をすることができるるもポイントです。

自動で税金の最適化(DeTAX)

DeTAXとは、分配金やリバランスなどによって生じた税金を、自動的に最適化を行い投資効率の向上が期待できる機能です。

このDeTAXはウェルスナビの標準機能となるので、追加登録なので作業は不要です。

こういった積み重ねが投資効率を向上させ、他のロボアドバイザーと将来差が出てくるところですね。

まなすけ
ウェルスナビの詳しい内容はこちら
WealthNavi(ウェルスナビ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

テオ

  • 1万円からロボアドバイザー投資
  • 世界約86カ国1万1,000銘柄に分散投資
  • ポートフォリオの自動リバランス
  • THEO COLOR PALETTEで手数料最安
  • THEO Tax Optimizerで税金最適化

1万円からロボアドバイザー投資

他のロボアドバイザーの最低投資額は10万円とかが多い中、テオは1万円からロボアドバイザー投資をすることができます。

少額からロボアドバイザー投資を始められ、他のロボアドバイザーと比べて気軽に投資ができるのが良いですね。

自動積立サービスもあるので、まずは1万円から投資をして毎月コツコツと積立投資を始めることもできます。

世界約86カ国1万1,000銘柄に分散投資

約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

また、投資先は6つのアセットクラスに分類しているので、バランスよく分散投資ができます。

分散投資することで投資リスクを低減し、安定した資産運用を実現することができますね。

ポートフォリオの自動リバランス

長期運用時に崩れてしまったポートフォリオを自動でリバランスしてくれます。

リバランスによりポートフォリオを維持して収益性を高めることを目指していますが、確実に収益性を高めることではないので注意が必要です。

リバランスによる効果は市場と連動しており、構成ETFの見直しはグロース・インカム・インフレエッジ毎に実施します。

  • グロース:3ヵ月毎
  • インカム:3ヵ月毎
  • インフレエッジ:1ヵ月毎
ポートフォリオの内訳
種類 グロース インカム インフレエッジ
ニーズ 長期的に資産を形成したい 低いリスクでインカム収入を得たい 保有資産の実質的価値の目減りを避けたい
組入れETF 新興国株・先進国株 ハイイールド債券・先進国債券・投資適格債券・新興国債券 コモディティ・リート(不動産)・先進国株・先進国国際

THEO COLOR PALETTEで手数料最安

THEOの手数料は通常1.0%ですが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がります。

50万円以上投資をすると手数料が0.80%になるので、ロボアドバイザー投資の中で手数料の安さNo.1になりますね。

※同じロボアドバイザーのウェルスナビは長期割で最大0.90%

ロボアドバイザー投資は手数料が高いとされていましたが、「THEO COLOR PALETTE」で手数料が最大0.65%になったことで、より効果的に資産運用ができますね。

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

THEO Tax Optimizerで税金最適化

2019年6月から、新たにTHEO Tax Optimizer(自動税金最適化)サービスが開始されました。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようになりました。

対象は、口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方なので、テオで口座開設する際は特定口座(源泉徴収あり)で開設しましょう。

まなすけ
テオの詳しい内容はこちら
THEO(テオ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

楽ラップ

  • ラップサービスで気軽にロボアドバイザー投資
  • 下落ショック軽減機能(TVT)機能によるリスク低減
  • 資産運用会社による資産分配見直し
  • ポートフォリオの自動リバランス

ラップサービスで気軽にロボアドバイザー投資

ラップサービスは、一人一人の資産運用に対する考え方に沿った運用方針に基づいて、銘柄選びや売買・管理をすべてお任せする「投資一任契約」を結ぶサービスです。

ラップサービスを利用すれば、ウェルスナビとテオと同じく全てお任せ運用で大丈夫なので、気軽にロボアドバイザー投資をすることができますね。

下落ショック軽減機能(TVT)機能によるリスク低減

株式市場の値動きが大きい状況が続いた場合、比較的影響の少ない債券へ配分を自動で増やしてくれる機能です。

価格変動による影響を軽減したい方におすすめの機能ですね。

9つの運用コースにはTVT機能なし/ありがあるので、TVT機能が必要ない場合はTVT機能なしの運用コースを選択しましょう。

運用コース TVT機能 特徴
保守型 TVTなし とにかく慎重に運用したいコース
やや保守型 TVTなし・TVTあり 基本は慎重だけど少し攻めたいコース
やや積極型 TVTなし・TVTあり 資産の保全を図りつつ攻めたいコース
積極型  TVTなし・TVTあり リスクをある程度承知で収益性を求めるコース
かなり積極型 TVTなし・TVTあり リスク関係なしに収益性を求めるコース
メリット
  • 株式市場の値動きが大きい状況が続いた場合、損失を緩和させる効果が期待できる
デメリット
  • TVT機能が動いている時に株式市場が上昇した場合、上昇分を確保できない可能性があります

資産運用会社による資産分配見直し

楽ラップは、資産運用会社(マーサー・インベストメント・ソリューションズ)のアドバイスにより資産配分を決定しており、年に1回資産分配の見直し(戦略的資産配分)を、3カ月に1度の中期的な資産配分の見直し(動的資産配分)を行っています。

マーサー・インベストメント・ソリューションズ40年以上にわたり約24ヵ国において投資家に資産運用コンサルティングおよびソリューションを提供するリーディングカンパニーです。

定期的に資産配分の見直しをしてくれるので、安心して長期運用することできますね。

ポートフォリオの自動リバランス

長期運用中は、経済状況によりポートフォリオが崩れてしまうことがあります。

ポートフォリオが崩れたままだと理想の資産運用ができなくなってしまうので、ポートフォリオにズレが生じた場合はズレの修正が必要です。

楽ラップは自動分配調整(リバランス)機能を提供しているので、ポートフォリオのズレを自動で修正してくれます。

リバランスにより、特定の資産の割合が増えないことやリスクを分散する効果が期待できますね。

ロボアドバイザーの楽ラップとは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

ロボアドバイザー比較

比較内容 ウェルスナビ テオ 楽ラップ
手数料 1.0%(長期割で最大0.90%) 1.0%(条件により最大0.65% 最大0.990%
運用タイプ 投資一任 投資一任 投資一任
運用対象 ETF ETF ETF
最低初期投資額 10万円 1万円 10万円
自動積立 1万円から1円単位 1万円から1,000円単位 1万円から1円単位
入金・出金・積立手数料 基本無料※金融機関振込の場合はお客様負担 基本無料※金融機関振込の場合はお客様負担 基本無料※金融機関振込の場合はお客様負担
その他 長期割・自動リバランス・DeTAX機能 THEO COLOR PALETTE・自動リバランス・THEO Tax Optimizer 自動リバランス・下落ショック軽減(TVT)機能
まなすけ
黄色マーカーの部分がおすすめポイントだよ

手数料はテオ>ウェルスナビ>楽ラップの順番でお得になります

おすすめランキング

1位:テオ

ポイント

  • 1万円から気軽にロボアドバイザー投資ができること
  • THEO COLOR PALETTEで手数料が安いこと
  • THEO Tax Optimizerで自動税金最適化ができること

ロボアドバイザー投資は「長期・積立・分散」を基本としているので、現時点で一番その条件に一致しているのがテオです。

1万円から投資ができるのもおすすめポイントですね。

2位:ウェルスナビ

ポイント

  • ロボアドバイザー人気No.1
  • 長期割で手数料が安いこと
  • 自動税金最適化ができること

ウェルスナビはロボアドバイザー人気No.1ですが、テオと比べて手数料の割引率が少ないため、おすすめランキング2位となりました。

以前のままなら1位でしたが、テオがTHEO COLOR PALETTE、THEO Tax Optimizerサービスを連続して出してきたので2位という結果に…

まなすけ
テオが本気出してきた

3位:楽ラップ

ポイント

  • 下落ショック軽減(TVT)機能があること
  • 他社の手数料割引がなければ一番手数料が安いこと

3位は楽ラップ。

楽ラップの一番の特徴は、下落ショック軽減(TVT)機能です。

長期運用時は、数年~10年に1回は大きな下落が発生しているので、TVT機能で安全に資産運用をすることができます。

また、ウェルスナビやテオの手数料割引には条件があるので、この条件を満たしていない方は1.0%になります。

楽ラップは0.990%なので、若干ですが手数料の面では一番安いことになるのでおすすめです。

まとめ

テオが本気を出してきたおかげで、ロボアドバイザーの人気が変わりそうですね。

ロボアドバイザーは「長期・積立・分散」投資でこそ、その力を発揮して資産を成長させることができます。

サービス内容として3社には大きな差はありませんが、長期運用時のコスト面を考えるとテオが一歩リードしている感じですね。

これからロボアドバイザー投資を始めたい方やロボアドバイザー投資が気になっている方は、是非参考にしていただければと思います。

まなすけまなこ達も実際にロボアドバイザーを利用しているので、合わせて運用実績も確認してみてくださいね。(運用実績はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA