半年間ロボアドバイザーのウェルスナビとテオに積立投資をした感想を紹介!短期では損することもあります

まなこ
ロボアドバイザーは資産運用先としてどうなのかな?きちんと利益を出してくれるのかな?
まなすけ
実際に半年間、ロボアドバイザーのウェルスナビとテオに積立投資をした結果を一緒に見ていこう!
この記事のポイント
  • ウェルスナビ・テオ共に半年(短期)ではマイナス収支
  • ロボアドバイザー投資は短期投資には不向き
  • 一年間投資することで少しずつ利益が出てくる
  • マイナスになったからといって積立投資を辞めずに続けることが大切

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

これからロボアドバイザーへの投資を考えている方が心配されるのは、きちんと利益を出すことができるかだと思います。

  • 投資先として「国債」「株式」「投信信託」等ある中で、「ロボアドバイザー」に投資する必要性があるか?

今回は、実際にロボアドバイザー投資を続けているまなすけまなこ達の結果を紹介しつつ、ロボアドバイザーへ投資した感想とおすすめできる理由を合わせて紹介していきます。

まなすけ
一緒に見ていこう~

積立投資結果

2018年5月からロボアドバイザーのウェルスナビとテオに投資を始めて約半年が経ちました。

半年間、ロボアドバイザーへ積立投資を続けることで、資産がどのように推移していったのか紹介していきます。

ウェルスナビ

まなすけ
資産が減ってる~
購入価格 運用実績
2018年5月 300,000円 296,450円(-3,550円
2018年6月 300,000円 296,001円(-3,999円
2018年7月 310,000円 315,149円(+5,149円
2018年8月 320,000円 318,676円(-1,324円
2018年9月 330,000円 330,709円(+709円
2018年10月 340,000円 328,634円(-11,366円
2018年11月 350,000円 333,198円(-16,802円
2018年12月 360,000円 323,884円(-36,116円

テオ

まなすけ
テオの資産も減ってるぞ~
購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(-312
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円

積立投資を続けてみた感想

1.半年で儲かる投資ではない

アメリカと中国の貿易戦争等による影響で、2018年の年末にかけて株式市場含む全体が落ち込んでしまいました。

その結果は、ウェルスナビとテオの運用結果を見ても一目瞭然です。

まなすけ
つみたてNISAの結果も同じだったよ

市場全体が落ち込んでしまうと、他の投資と同じように分散投資しているロボアドバイザーでもマイナスになるということです。

ロボアドバイザーは「長期的に投資・リスクを分散・複利効果で利益を得る投資なので、半年間という短期では利益は生み出しにくいですね。

2.ウェルスナビとテオの運用結果に大きな差はない

半年間積立投資を行っていますが、今のところウェルスナビとテオの運用結果に大きな差は生じていないですね。

楽ラップをまだ実践していないので何ともいえませんが、ロボアドバイザー全体で似たような傾向になるかもです。

まだ半年ということもあるので、もう少し様子を見て差が生じてきた際はすぐにお知らせしますね。

3.ほったらかし運用でOK

ロボアドバイザーの口座を開設してから入金して、毎月の積立設定をしてから一度も触ってないです。

自分で積立を行うと、市場が落ち込んできたから今月は積立をやめようとか考えがちですが、ロボット(AI)はそんな感情を持っていないのでルールに従って積立投資してくれます。

また、積立設定を行ってしまえば、後は何もせずほったらかしするだけで、毎月忘れずに積立投資をしてくれるので無駄な手間がかからず簡単です。

桃栗三年柿八年というように、どんなものにも育つまでそれなりの時間がかかります。

半年間(短期)ロボアドバイザーへ積立投資を続けてきましたが、まずは三年八年とこのまま放置して、実が実るまでゆっくり育つのを楽しみにしましょう。

ロボアドバイザー投資の特徴

今回紹介したロボアドバイザーのウェルスナビとテオの特徴について、一緒に復習しましょう。

ウェルスナビ

ウェルスナビには大きく分けて5つの特徴があります。

  • 気軽に「長期・積立・分散」投資
  • AIに世界水準のアルゴリズムを利用
  • 税金最適化(DeTAX)
  • 長期割
  • 自動積立による複利効果

気軽に「長期・積立・分散」投資

6つの質問に答えるだけで、最適なポートフォリオを構築して資産運用を開始してくれます。

どこの株や投資信託を購入するか、ポートフォリオをどのようにするか等、投資をするために必要な事前知識不要で気軽に始めることができる投資です。

また、ウェルスナビは世界各国に分散投資しているので、投資リスクを減らし安定したリターンを得ることができます。

資産運用開始後は、自動で「分配金の自動再投資」「自動リバランス」「DeTAX」をしてくれるので、長期運用に最適です。

AIに世界水準のアルゴリズムを利用

ウェルスナビを利用しているすべてのユーザーが、世界水準の金融アルゴリズムを利用することができます。

ノーベル賞受賞者の理論に基づいた金融アルゴリズムを、手軽に利用することができるのでうれしいですね。

一人一人のポートフォリオを自動で作成して運用してくれるので、事前知識がなくても安心して資産運用ができます。

税金最適化(DeTAX)

税金最適化(DeTAX)を提供しているロボアドバイザーは、ウェルスナビとテオの2社のみです。

資産運用をしていると必ず発生するのが分配金等の税金。

税金の最適化がされている場合とされていない場合では、年利で約0.1%程度差が出るといわれています。

0.1%ならほとんど関係ないね!と思われる方もいると思いますが、長期運用のコストはできる限り下げるのが基本です。

こういった積み重ねが投資効率を向上させ、他のロボアドバイザーと将来差が出てくるところですね。

長期割

ウェルスナビを続けた期間と運用金額に応じて手数料の割引がされるサービスで、手数料は最大0.90%まで割引されます。

税金最適化(DeTAX)と同じく、長期運用はできる限りコストを下げることが収益につながるので、手数料割引サービスは魅力的ですね。

長期割のように手数料の割引を実施しているのは、ウェルスナビとテオの2社のみです。

積立による複利効果

ウェルスナビでは、資産運用で受け取った分配金が一定額以上になると、自動で再投資を行います。

再投資による複利効果でより資産の成長を促すことができ、複利効果の力を発揮してくれるのです。

この複利効果は「年利×年数」で変わってくるので、早く資産運用をされた分だけ複利効果を実感することができます。

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

テオ

テオには大きく分けて5つの特徴があります。

  • 1万円から手軽に「長期・積立・分散」投資
  • 6つのアセットクラスに分けた国際分散投資
  • THEO COLOR PALETTEサービス(運用手数料割引)
  • THEO Tax Optimizerサービス(自動税金最適化)
  • 自動積立による複利効果

1万円から手軽に「長期・積立・分散」投資

他のロボアドバイザー投資では、最低投資額が10万円のところが多い中、テオは最低投資額1万円から始めることができます。

投資というと「難しそう」「何をすればいいのかわからない」など、投資初心者の方がいきなり始めるのは難しいイメージですが、テオは5つの質問に答えて口座開設するだけで理想的な投資を始めることができるので安心してください。

入金・積立設定後の運用はすべて自動で行ってくれるので、手軽にロボアドバイザー投資を始めることができます。

6つのアセットクラスに分けた国際分散投資

アセットクラスとは同じようなリターン(値動き)やリスクの特性を持つ投資対象の資産種類のことをいいます。

THEOでは6つのアセットクラスに分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行います。

投資先は約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1,000銘柄に分散投資をしています。

  • 北米
  • アジア・オセアニア
  • グローバル
  • 欧州
  • 南米
まなすけ
資産運用の基本である分散投資をバランスよく行ってくれるのは助かりますね

THEO COLOR PALETTEサービス(運用手数料割引)

THEOの手数料は通常1.0%ですが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%(年率・税別)まで下がります。

50万円からは手数料0.80%になるので、ロボアドバイザー投資の中で手数料No.1になります。

※同じロボアドバイザーのウェルスナビは長期割で最大0.90%

ロボアドバイザー投資は手数料が高いとされていましたが、「THEO COLOR PALETTE」により手数料が最大0.65%になったことで、対抗して他のロボアドバイザーの手数料も下がってくれば、より効果的に資産運用ができますね。

カラー適用条件として、毎月積立投資をしていることが条件なので気を付けましょう。

積立投資をしていない場合は「ホワイト」カラーになってしまいます。

カラー 手数料 カラー基準額
ホワイト 1.00%
ブルー 0.90% 1万円以上50万円未満
グリーン 0.80% 50万円以上100万円未満
イエロー 0.70% 100万円以上1,000万円未満
レッド 0.65% 1,000万円以上

THEO Tax Optimizerサービス(自動税金最適化)

2019年6月から、新たにTHEO Tax Optimizer(自動税金最適化)サービスが開始されました。

ウェルスナビでは既に提供されていたサービスですが、テオも自社開発アルゴリズムを利用して、ポートフォリオの資産配分を維持しながら税負担を軽減することができるようになります。

対象は、口座区分を「特定口座(源泉徴収あり)」に設定している方なので、テオで口座開設する際は特定口座(源泉徴収あり)で開設しましょう。

自動積立による複利効果

  • 年利0%で年間12万円投資 = 20年後は240万円
  • 年利3%で年間12万円投資 = 20年後は332万円(差額+92万円
  • 年利19%で年間12万円投資 = 20年後は756万円(差額+516万円

資産運用で受け取った分配金を自動で再投資してくれるので、再投資による複利効果で資産の成長を促すことができます。

まなすけ
複利効果は再投資することでその力を発揮してくれます
THEO(テオ)とは?特徴から始め方、評判、運用実績まで詳しく紹介

積立投資結果(追記)

約1年間積立投資をし続けた結果を追記します。

2019年6月時点でウェルスナビ、テオ共にプラス収支になりました。

2018年12月の運用結果が一番マイナスでしたが、その後、経済状況が安定したおかげで資産も少しずつ増えてくれましたね。

ウェルスナビ

購入価格 運用実績
2018年5月 300,000円 296,450円(-3,550円
2018年6月 300,000円 296,001円(-3,999円
2018年7月 310,000円 315,149円(+5,149円
2018年8月 320,000円 318,676円(-1,324円
2018年9月 330,000円 330,709円(+709円
2018年10月 340,000円 328,634円(-11,366円
2018年11月 350,000円 333,198円(-16,802円
2018年12月 360,000円 323,884円(-36,116円
2019年1月 380,000円 371,262円(-8,738円
2019年2月 390,000円 384,531円(-5,469円
2019年3月 400,000円 398,511円(-1,489円
2019年4月 410,000円 419,212円(+9,212円
2019年5月 420,000円 418,776円(-1,224円
2019年6月 430,000円 435,121円(+5,121円

テオ

購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(-312
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円
2019年1月 170,000円 165,417円(-4,583円
2019年2月 180,000円 178,246円(-1,754円
2019年3月 190,000円 189,775円(-225円
2019年4月 200,000円 201,511円(+1,511円
2019年5月 210,000円 214,433円(+4,433円
2019年6月 220,000円 221,480円(+1,480円

まとめ

半年間、ロボアドバイザーへ投資した結果はマイナスでしたが、一年間投資を続けたおかげでプラス収支になってくれました。

投資を行っている間、経済状況により資産が増減することはありますが、積立投資を続けることで資産が少しずつ増えていきます。

これからロボアドバイザー投資を検討されている方、興味を持たれた方は、短期で利益を生み出す投資ではないことを覚えといてくださいね。

長期運用として、ロボアドバイザーは投資の基本である「長期・積立・分散」投資を忠実に守ってくれるので、おすすめできる投資先です。

運用手数料が約1%とインデックス型投信信託と比べて高いですが、理想的な資産運用を継続して続けてくれるので、投資先の一つとして選択肢に入れても良いですね。

まなすけ
他の投資結果も確認してみてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA