テーマ変更中です

半年間ロボアドバイザーのウェルスナビとテオに積立した感想!一度積立設定すればほったらかしでOK!

ロボアドバイザーとは?

まず、ロボアドバイザーについて一緒に復習しましょう!

ロボアドバイザーとは、名前の通り、資産運用すべてをロボット(AI)がやってくれます。

[st-kaiwa-3080]ポートフォリオの作成から積立、再投資、リバランスまで全てロボット(AI)がやってくれる優れものです![/st-kaiwa-3080]

入金するだけで、その後はロボット(AI)が資産運用をやってくれるので、簡単に始めることができます。

ロボアドバイザーの代表格は「ウェルスナビ」「テオ」「楽ラップ」の3つです。

その中から、まなすけまなこがまず始めたのが「ウェルスナビ」と「テオ」になります。

[st-kaiwa-3078]楽ラップも投資先としてすぐに取り入れる予定です![/st-kaiwa-3078]

実際に「ウェルスナビ」と「テオ」で資産運用をしてみた結果と感想を、早速紹介していきますね!

実績

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 300,000円 296,450円(-3,550円
2018年6月 300,000円 296,001円(-3,999円
2018年7月 310,000円 315,149円(+5,149円
2018年8月 320,000円 318,676円(-1,324円
2018年9月 330,000円 330,709円(+709円
2018年10月 340,000円 328,634円(-11,366円
2018年11月 350,000円 333,198円(-16,802円
2018年12月 360,000円 323,884円(-36,116円

TEHO(テオ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(312円
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円

感想

1.絶対に儲かる投資ではない

アメリカと中国の貿易戦争等による影響で、2018年年末にかけて株式市場含む全体が落ち込んだと思います。

その結果はウェルスナビとテオの運用結果を見ても一目瞭然です。

つまり、市場全体が落ち込めば他の投資と同じように、優秀なロボアドバイザーでもマイナスになるということです。

[st-kaiwa-3076]今現在は市場価格が落ち込んでいますが、5年~10年後の市場価格が少しでも上がっていればいいのです!百戦錬磨の投資家なんていないですからね。[/st-kaiwa-3076]

2.ウェルスナビとテオの運用結果に大きな差はない

半年間積立投資を行っていますが、今のところウェルスナビとテオの運用結果に大きな差は生じていないですね。

楽ラップをまだ実践していないので何とも言えませんが、ロボアドバイザー全体で似たような傾向になるかもです。

まだ半年ということもあるので、もう少し様子を見て差が生じてきた際はすぐにお知らせしますね!

[st-kaiwa-3570]投資額がウェルスナビとテオで異なるので損失額が異なりますが、思いのほか差は生じていないですね![/st-kaiwa-3570]

3.ほったらかし運用でOK

ロボアドバイザーの口座を開設してから入金して、毎月の積立設定をしてから一度も触ってないです。

[st-kaiwa-3568]本当にロボット(AI)が勝手に資産運用してくれてます・・・。すごい・・・。[/st-kaiwa-3568]

自分で積立を行うと、市場が落ち込んできたから今月は積立をやめようとか考えがちですが、ロボット(AI)はそんな感情を持っていないのでルールに従って積立投資してくれます。

そして忘れずに積立をしてくれます!

[st-kaiwa-3245]毎月毎月、自分で積立投資するのは大変ですからね。[/st-kaiwa-3245]

なので、一番最初に積立設定を行ってしまえば、後は何もせずほったらかしにするだけでOKです。

桃栗三年柿八年というように、どんなものにも育つまでそれなりの時間がかかります。

まなすけもまずは三年八年とこのまま放置して、実が実るまでゆっくりほったらかしにして待つことにしてます。

まなな~