ウェルスナビとテオの損失額を紹介!ロボアドバイザーは一喜一憂せずに無心で積立あるのみ!

ウェルスナビとテオの損失額は?

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

去年の2018年5月からロボアドバイザーのウェルスナビとテオに投資を始めました。

まなすけ
投資期間は約半年だね

そして、今現在の資産額はというと・・・

ウェルスナビ!-36,116円(-11%)

テオ!-16,785円(-11%)

まなすけ
なんてこった~~~

ウェルスナビ、テオ共にー11%という下落率を記録!実際の資産推移は以下の表をご覧ください。

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 300,000円 296,450円(-3,550円
2018年6月 300,000円 296,001円(-3,999円
2018年7月 310,000円 315,149円(+5,149円
2018年8月 320,000円 318,676円(-1,324円
2018年9月 330,000円 330,709円(+709円
2018年10月 340,000円 328,634円(-11,366円
2018年11月 350,000円 333,198円(-16,802円
2018年12月 360,000円 323,884円(-36,116円

TEHO(テオ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(-312
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円

原因は?

なぜ、ここまで落ち込んだのかは、アメリカと中国の貿易戦争による市場全体の落ち込みにあります。

日経平均株価も2018年10月に23,000円~24,000円あったのが、2019年1月は20,000円付近を推移してるぐらいです。

つまり、去年と同じ頃に積立投資を始めた方は全員似たような結果になっていると思います。

ー11%も資産が減少したので一旦投資をやめる方や積立をやめる方が出てくる頃ですが!ここで止めてしまったら元も子もありません!

まなすけ
まなすけに損切りという概念はないよ

今後どうすれば?

市場の値動きは常に山あり谷ありです。悪いときもあれば良いときもあります。

投資の基本は長期積立分散投資です!市場価格の揺れ幅はドルコスト平均法で分散させることができます。

つまり、ロボアドバイザーのウェルスナビとテオへの今後の投資は、

一喜一憂せず無心で長期積立を行うこと!

です。

ロボアドバイザーは自動で分散投資を行ってくれるので、必要なのは長期的に積立をするだけで大丈夫!

まなすけ
何事も続けることが大切だね

ロボアドバイザー投資はFXのような短期勝負ではないです。

長期保有することで、経済成長と共に資産も成長していくものです。

一喜一憂せずに!というのは中々難しいですが、まなすけまなこと一緒に積立を頑張っていきましょう!(運用実勢はこちら

追記(2019年7月)

最大-11%まで落ち込んでしまった運用実績ですが、約半年続けて積立投資を続けた場合どのようになったのか紹介します。

WealthNavi(ウェルスナビ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 300,000円 296,450円(-3,550円
2018年6月 300,000円 296,001円(-3,999円
2018年7月 310,000円 315,149円(+5,149円
2018年8月 320,000円 318,676円(-1,324円
2018年9月 330,000円 330,709円(+709円
2018年10月 340,000円 328,634円(-11,366円
2018年11月 350,000円 333,198円(-16,802円
2018年12月 360,000円 323,884円(-36,116円
2019年1月 380,000円 371,262円(-8,738円
2019年2月 390,000円 384,531円(-5,469円
2019年3月 400,000円 398,511円(-1,489円
2019年4月 410,000円 419,212円(+9,212円
2019年5月 420,000円 418,776円(-1,224円
2019年6月 430,000円 435,121円(+5,121円

TEHO(テオ)運用実績

購入価格 運用実績
2018年5月 100,000円 100,722円(+722円
2018年6月 100,000円 98,998円(-1,002円
2018年7月 110,000円 111,652円(+1,652円
2018年8月 120,000円 111,488円(+1,488円
2018年9月 130,000円 129,688円(-312
2018年10月 140,000円 136,011円(-3,989円
2018年11月 150,000円 144,528円(-5,472円
2018年12月 160,000円 143,215円(-16,785円
2019年1月 170,000円 165,417円(-4,583円
2019年2月 180,000円 178,246円(-1,754円
2019年3月 190,000円 189,775円(-225円
2019年4月 200,000円 201,511円(+1,511円
2019年5月 210,000円 214,433円(+4,433円
2019年6月 220,000円 221,480円(+1,480円

結果を見ていただいた通り、一時-11%まであったマイナスがプラスに転じていることがわかりますね。

まだ1年程度ですが、1年間の間でも経済状況により資産は増減します。10年以上運用すると更に増減する回数は増えるはずです。

長期的に運用するほど資産は増減しますが、過去の実績から、積立投資することで資産は少しずつ増えていきます。

まなすけ
今回の運用実績のようにね

ロボアドバイザーは「長期・積立・分散」でリスクを分散して、複利効果により資産を増やしていく投資です。

短期的なマイナスで落ち込むのではなく、マイナス時も積立投資を続けていくことが大切だと考えます。

資産がマイナスになると、落ち込んでしまい積立投資を止めてしまおうと考えてしまいがちですが、グッと我慢して積立投資を続けましょう。

ウェルスナビやテオ以外にも投資をしているので、実際に長期運用することで資産を増やすことができるのか合わせて確認してみてください。

まなすけ
いろんな投資結果を確認しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA