還元率が魅力のリクルートカード!人気のポイントだけではなく利便性にも注目!

まなこ
リクルートカードはポイント還元率がいいみたいだけど、本当にお得なのかな?
まなすけ
年会費無料でポイント還元率1.2%を誇る人気のクレジットカードだね!リクルートカードが本当にお得なのか一緒に見ていこう
この記事のポイント
  • 年会費が永年無料
  • ポイント還元率が1.2%の高還元率
  • リクルートのサービスを利用すると最大4.2%
  • リクルートポイントをPontaポイントに交換できる
  • 国内、国外の旅行損害保険・ショッピング保険が無料付帯(利用決済)
  • ETCカードの発行手数料無料
  • ポイントを効率よく貯めることができるカード

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

リクルートカードは、年会費無料でポイント還元率1.2%と高く、ポイントが貯めやすいお得なクレジットカードです。

貯まったポイントはリクルートが提携しているサービスだけではなく、Pontaポイントに交換することもできます。

国内旅行・海外旅行時の傷害保険やショッピング保険も無料付帯されているので、安心して旅行を楽しむことができますね。

今回は、人気のリクルートカードの特徴からメリット・デメリット、リクルートポイントのおすすめ利用方法まで詳しく紹介しています。

リクルートカードの特徴

年会費無料

リクルートカードは年会費無料で利用することができます。

年会費無料でポイント還元率1.2%、国内外の旅行傷害とショッピング保険が無料付帯しているのでお得です。

リクルートカードの国際ブランドも「JCB」「VISA」「Mastercard」の3種類から自由に選ぶことができます。

国際ブランド選びは電子マネーに注目すること

国際ブランドごとに利用できる電子マネーが異なるので注意してくださいね。

  • JCB:nanaco・モバイルSuica
  • VISA:nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA
  • Mastercard:nanaco・楽天Edy・モバイルSuica・SMART ICOCA

ポイント還元率が1.2%

他のクレジットカードではポイント還元率0.5%~1.0%のところが多い中、リクルートカードは年会費無料で1.2%です。

日々の買い物だけではなく、電子マネーチャージでも1.2%貯まるのお得ですね。

まなすけ
いつでもどこでも1.2%

携帯・光熱費・定期代・新聞代の支払いも可能

リクルートカードでは一部の公共料金や携帯・光熱費・新聞代の支払いが可能で、ポイント1.2%が付与されます。

すべての支払いをリクルートカードにするだけで、どんどんポイントが貯まっていきますね。

リクルートのネットサービスを利用するとポイント還元率アップ

リクルートのネットサービスである「ポンパレモール」「じゃらん」「HOT PEPPER Beauty」「HOT PEPPER グルメ」を利用すると、ポイント還元率が最大4.2%になります。

  • ポンパレモール:1.2%+2.0%=4.2%
  • じゃらん:1.2%+3.0%=3.2%
  • HOT PEPPER Beauty:1.2%+2.0%=3.2%
  • HOT PEPPER グルメ:1.2%+2.0%=3.2%

「じゃらん」は10%還元プラン、「ポンパレモール」は最大20%還元商品もあるので更にお得です。

  1. リクルートカードでチャージしたモバイルSuicaを利用して移動
  2. HOT PEPPER Beautyで予約した美容室で髪を切り
  3. HOT PEPPER グルメで予約したお店で食事

という流れで、日常生活の中で効率よくポイントを貯めていくことができますね。

実際に利用した場合のポイント数

まなすけ
どんどん貯まっていくね

ポイントの有効期限は実質無期限

リクルートポイントは、1年間のうち1回でもリクルートカードを利用すれば失効することはないので、実質無期限で貯めることができます。

Pontaポイントに交換できる

1リクルートポイントを1Pontaポイントに交換することができます。

PontaポイントはLAWSONやケンタッキーフライドチキンをはじめとする提携店で利用することができ、PontaWebでは特典交換やポイント交換ができたり使い方自由です。

リクルートポイントだけでは利用先の選択肢が少ないという欠点がありましたが、Pontaポイントを利用することができるようになったので問題解決ですね。

Ponta(ポンタ)ポイントの使い方から貯め方を紹介!ローソンのお試し引換券と交換が一番お得です!

旅行傷害保険とショッピング保険が無料付帯

リクルートカードは無料で最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯されています。

また、ショッピング保険も同じく付帯されているので、国内外でリクルートカードで購入された商品の破損や盗難などの損害を、購入日から90日間保障されます。

JCB、Visa、Mastercardのどのブランドを選んでも同じ保険金額なので安心してくださいね。

一つ注意が必要なのが、国内・海外旅行傷害保険は「利用付帯」であることです。

別のクレジットカードで支払いをしてしまうと保険対象外になってしまうので注意しましょう。

保険 JCB ISA Mastercard
国内旅行傷害保険 2,000万円 2,000万円 2,000万円
海外旅行傷害保険 2,000万円 2,000万円 2,000万円
ショッピング保険 200万円(年間) 200万円(年間) 200万円(年間)

ETCカードが無料

クレジットカードのブランド毎で異なりますが、「JCB」は新規発行手数料が無料です。

「VISA」「Mastercard」は新規発行手数料で1,000円(税別)かかってしまうので注意が必要ですね。

紛失・盗難時の補償

リクルートカードでは、紛失・盗難が発生した場合、24時間体制で連絡を受け付けています。

万が一、紛失・盗難で不正利用されても、連絡した日から60日前までさかのぼり、不正利用された金額が保障されるので安心してください。

「紛失・盗難の届け出日の60日前」なので、紛失や盗難があったその日に必ず届け出することを忘れないでくださいね。

リクルートカードのメリット・デメリット

メリット
  • 年会費無料
  • ポイント還元率
  • 旅行傷害保険・ショッピング保険が無料付帯

年会費無料でポイント還元率1.2%のクレジットカードは魅力的です。

それに加えて旅行傷害保険・ショッピング保険も無料付帯されているので、一石三鳥ですね。

公共料金の支払いにも使えるので、普通に生活しながらポイントを効率よく貯めることができるカードです。

デメリット
  • リクルートカード利用におけるポイントアップ特典がない

楽天カードであれば「楽天市場」

ヤフーカードであれば「ヤフーショッピング」

のように、他のクレジットカードにはポイントアップ特典が付いたネットショッピングサイトが存在します。

リクルートカードにはこのようなサイトがないたけ、ネットショッピングによるポイントアップ特典を受けることができないです。

ただ、リクルートカードはいつもの買いものや公共料金の支払いは1.2%付与されるので、大きなデメリットではないですね。

なぜリクルートカードが人気なのか?

一番の理由は、年会費無料で全ての買い物、公共料金の支払いでポイントが1.2%付与されることですね。

電子マネーへのチャージにも1.2%付与されます。

また、貯めたリクルートポイントをPontaポイントへ交換できる利便性も人気の一つですね。

リクルートのネットサービスである「ポンパレモール」「じゃらん」「HOT PEPPER Beauty」「HOT PEPPER グルメ」を利用すれば、ポイント還元率が1.2%以上になるので、更にポイントを貯めることができます。

国内・海外旅行時も保険が付帯しているので、安心して旅行を楽しむことができます。

年会費無料でこれだけのメリットがあるので、リクルートカードが人気なのもわかりますね。

おすすめのリクルートポイントの利用方法

まなすけ
Pontaポイントのほうが使いやすくて便利だよ

クレジットカード利用時の注意点

クレジットカードで料金を支払う際に注意したいのが「支払い回数」。

「1回払い」や「ボーナス払い」であれば手数料がかからず現金と同じように利用することができますが、「分割払い」や「リボ払い」を選択した場合は金利手数料がかかってしまいます。

特別な理由がない限りは、必ず手数料がかからない「1回払い」「ボーナス払い」を選択するようにしましょう。

まとめ

リクルートカードは、

  • 年会費無料でポイントを効率よく貯めたい方
  • リクルートのサービスを利用している方
  • 安心して国内・海外旅行をされたい方

このような方にぴったりのクレジットカードです。

リクルートカードにはデメリットというデメリットはなく、誰でもお得に利用できるカードなので、メイン、サブどちらの用途にも適していますね。

クレジットカードの作成申請も、約10分程度で終わるので簡単に申請することができます。

この記事で少しでもリクルートカードに魅力を感じた方は、是非利用されてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA