楽天ポイント投資の特徴からメリット・デメリットを紹介!ポイントを使って投資を始めよう

まなこ
楽天のスーパーポイントを利用した投資があるみたいだけど、どんな投資なのかな?
まなすけ
今、注目されているポイント投資のことだね!楽天ポイント投資の特徴について詳しく解説していくよ
この記事のポイント
  • 100ポイント(100円)から投資可能
  • 購入できるのは投資信託のみ
  • 積立購入も可能
  • NISA口座・つみたてNISA口座に対応※ジュニアNISA口座は対象外
  • 楽天ユーザーは必ず行いたいポイント投資

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

ポイント投資は、楽天が提供している「楽天ポイント投資」、ネオモバが提供している「Tポイント投資」など、現在注目されている投資です。

楽天ポイント投資は、楽天スーパーポイントを投信信託の購入に利用することができる投資となります。

100ポイントから利用することができるので、お金を使わず手軽に投資を始めることができるおすすめの投資です。

今回は、楽天ポイント投資の特徴からメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

実際にまなすけまなこ達も楽天ポイント投資を行っているので、運用実績も合わせて紹介していきますね。

まなすけ
一緒に見ていこう~

楽天ポイント投資の特徴

楽天ポイント投資は、その名の通り「楽天スーパーポイント」を利用した投資のことです。

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスを利用したり、楽天カード、楽天Edy、楽天Payを利用することで付与されます。

楽天サービス利用によるポイント還元率は高く、他のポイントと比べてポイントが貯めやすいです。

貯めたポイントは、楽天証券で取り扱っている投資信託の購入に利用することができ、1回の注文だけではなく毎月決まった金額を購入する積立購入もできます。

購入金額も100ポイント(100円)からなので、投資初心者の方も気軽に投資することができますね。

まなすけ
お金を使わなくてもOKだよ

楽天ポイント投資のメリット・デメリット

メリット
  • お金を使わずに投資ができる
  • 100ポイント(100円)から投資可能
  • 積立購入に対応
  • NISA口座・つみたてNISA口座に対応
  • SPU対象でポイント+1倍

お金を使わずに投資ができる

楽天ポイントを利用できるので、お金を使わずに投資を始めることができます。

お金を使った投資だと、どうしても値動きに一喜一憂しやすいですが、ポイントを利用しているので気持ち的に楽ですね。

楽天ポイントは商品の購入や楽天サービスで利用できますが、楽天証券で投資信託を購入するのが一番おすすめです。

100ポイント(100円)から投資可能

楽天ポイントは100円で1ポイント貯まるので、楽天カードで1万円利用すれば投資ができる計算です。

楽天市場や楽天トラベルを利用すれば、SPUでもっと簡単にポイントを貯めることも可能ですね。

楽天ポイントカードに対応している店舗も増えてきているので、楽天カードと併用することで更に効率よく貯めてポイント投資に回すことができます。

積立購入に対応

楽天ポイント投資は積立投資に対応しているので、毎月購入手続きをすることなく投資をすることができます。

楽天証券が取り扱っている豊富な投資信託に投資することができるので、一つの投資信託だけではなく分散投資することも可能です。

ポイントも貯めやすいので、手軽に投資の基本である「長期・積立・分散」投資をすることができますね。

NISA口座・つみたてNISA口座に対応

楽天ポイント投資は特定口座だけではなく、NISA口座・つみたてNISA口座に対応しています。

毎年NISA口座の利用額を使い切れていない方には朗報ですね。

ただし、ジュニアNISAには対応していないので注意が必要です。

口座種類 NISA つみたてNISA
対象 20歳以上 20歳以上
口座開設可能数 1口座/人 1口座/人
非課税枠 120万円/年 40万円/年
非課税期間 最長5年間 最長20年間
総額 600万円 800万円
投資可能期間 ~2023年 ~2037年
購入可能 株・投資信託等 対象商品のみ
ロールオーバー※ ×
資産の引き出し いつでも引き出し可能
証券会社の変更 1年単位で変更可能

※ロールオーバーとは、非課税期間終了後に翌年の非課税投資枠に移管すること

SPU対象でポイント+1倍

ポイントで500円以上の投資信託を購入と楽天スーパーポイントコースの選択をするだけで、SPU対象となりポイントが+1倍されます。

SPU対象条件

  • 1ポイント以上利用する
  • 1回500円分以上投資信託を購入する
  • 楽天スーパーポイントコースに設定する

SPU対象になることで、

1.ポイント還元率が上がる

2.毎月のポイント獲得数が上がる

3.ポイント投資に利用できるポイントが増える

と良いこと尽くめです。

デメリット
  • 投資信託のみ購入可能
  • 期間限定ポイントが利用できない
  • 楽天ユーザーでなければ利用できない

投資信託のみ購入可能

国内株式や海外株式、債券は購入することができません。

が、楽天証券が取り扱っている投信信託数は2,500本以上と豊富なので、心配する必要はないですね。

購入する投資信託のおすすめは買付手数料が無料でファンド管理費用が安いインデックス型投資信託です。

まなすけ
eMAXIS Slimシリーズを購入してるよ

期間限定ポイントが利用できない

楽天ポイントには通常ポイントとは別に期間限定ポイントがあります。

楽天ポイント投資で利用できるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントは利用できません。

といっても、通常ポイントだけでも余裕でポイント投資できるので心配しなくて大丈夫です。

楽天ポイント投資の利用手順

効率よくポイントを貯める方法

  • 楽天カード・楽天ポイントカード・楽天Edy・楽天Payを利用する
  • 楽天サービス(楽天市場・楽天トラベル・楽天でんき等)を利用する
  • SPU(スーパーポイントアップ)を利用する
  • 楽天スーパーセールやや買い物マラソンを利用する
まなすけ
どんどんポイントを貯めよう

楽天ポイント投資の始め方

楽天ポイント投資は簡単5STEPで始めることができます。

STEP1
投資信託を選ぶ
楽天証券が取り扱っている投資信託から商品を選びましょう
STEP2
購入金額を決める
100ポイント(100円)から投資信託の購入ができます
STEP3
ポイント利用額を決める
投信信託を購入する金額の一部または全額ポイント利用することができます
STEP4
分配金コースを選ぶ
複利効果が期待できる再投資型のコースがおすすめです
STEP5
注文
ポイント利用投資完了

まとめ

楽天ポイント投資について紹介しましたが、メリットだらけの投資ですね。

楽天ポイントを利用して投資信託を購入することができるので、初期投資額0円で投資を始めることができてしまいます。

今まで楽天ポイントを楽天市場や楽天トラベルで利用されていた方は、楽天証券で一緒にポイント投資を始めましょう。

ポイントだけで手軽に「長期・積立・分散」投資ができるので、リスク0で将来の資産を作ることができます。

また、楽天証券で口座開設すると、「日経テレコン」で記事を無料で読むことができます。

楽天証券で楽天ポイント投資を始められた方は、忘れずに利用しましょうね。

まなすけ
無料で読めるよ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA