投資

お金に働いてもらおう!寝ている時でもお金に働いてもらう仕組みを築くために今からお金づくりを始めよう!

投稿日:2018年6月21日 更新日:

スポンサーリンク

なぜお金づくりが必要なの?

これからの日本は、人口が減り労働人口も比例して減っていくと予測されています。

人口減少により社会保障の負担額が増えるのはもちろん、追加で消費税も10%に増税されるとなると、家計に直接影響が出るのは必須です。

そのため、今からお金づくりに対しての知識を養い実践することで、「お金に働いてもらいお金をつくる」お金づくりをはじめましょう。

お金事情

人口減少による負のスパイラル

出生率減少が止まらない日本。人口減少はこれからもっと加速すると言われています。また、人口減少は労働人口の減少を意味します。

労働人口が減ることで、一人が負担する社会保険料は増えていくので、今の収入のままだと負担のみ増えていくのが予想されます。

少子高齢化により社会保険料はこれからもっと増加しそう。。。

問題

  1. 出生率減少による人口減少
  2. 労働人口の減少
  3. 団塊世代の高齢化(少子高齢化)

消費税10%(2019年10月)

税金の中でも一番身近で影響が大きい消費税。2019年10月に10%に上がってしまいます。

消費税が上がることで、いつもの買い物への影響はもちろん、車や住宅などの高額な買い物への影響大です。

年収にもよりますが、一般的な家庭で負担額は約3万円~約10万円程度にもなると言われています。

収入源がなくなる、増えない

ニュースでも取り上げられてますが、退職金や年金受給額が少しづつ減ってきています。

退職金に至ってはゼロの企業も少なくはありません。

退職金も年金も増えることがない今、自分で自分の身(資産)を守ることが必要になってきます。

また、昔と違って銀行に預けても定期預金金利は微々たるものなので、貯金だけでは資産を増やすことはできません。

お金づくり(お金に働いてもらいお金をつくる)

どのようにしてお金づくりを始めればいいのか?お金づくりの流れについて説明します。

目標額をイメージする

資産運用のゴール(目標金額)を決めておくことで、毎月どの程度積立すればいいのか、利回りはどのくらい必要か、ある程度把握することができます。

ただ無理な目標ではなく、日常生活に支障をきたさない程度の目標額にするのがおすすめです。

無理な積立や利回りだけを重視した運用にならないように気を付けよう。

資産を増やす仕組みをつくる

収入を増やすのではなく、お金を働かせてお金を生み出すことを意識しましょう。

理想は仕事での収入アップ+お金づくりによる資産アップです!

収入の使い方(GOOD)

  1. 資産運用:つみたてNISA、iDeCo、ロボアドバイザー、仮想通貨、ソーシャルレンディングなど
  2. 支出:住宅ローン、マイカーローン、生活費

収入の使い方(BAD)

  1. 資産運用:なし
  2. 支出:住宅ローン、マイカーローン、生活費

収入すべてを資産運用に回すのではなく、必要最低限の生活費は手元に残した状態で資産運用をしよう。

長期・積立・分散投資を心がける

資産運用の基本である「長期・積立・分散」を心がけましょう。

資産運用が初めての方はハイリスクハイリターンの商品を選ばずに、長期的にコツコツと積立・分散ができる商品を選ぶのがおすすめです。

投資初心者の方は、まず「つみたてNISA・iDeCo・ロボアドバイザー・投資信託」から始めるのをおすすめします。

長期・積立・分散

  • 長期:相場変動に強い
  • 積立:安定した価格で取得
  • 分散:リスクリターンを分散

関連記事

投資

2018/2/12

投資の種類とは?リスクとリターンに応じて投資先を選択しよう!

目次投資の種類とは?比較株式投資投資信託債券FX仮想通貨まとめ 投資の種類とは? 投資と聞くとハイリスクハイリターンのギャンブルだと思っていましたが、きちんと投資毎のメリットデメリットを把握すれば、銀行に預けるだけではない資産運用ができるのではと思い始めました。 投資に必要な知識を養い、自分にとってどの投資が一番合っているか知ることが大切です。今回はどのような投資があるのかメモっていきたいと思います。 また、メモするだけではなく実際にやってみた結果をブログで紹介していますのでチェックしてみてくださいね。 ...

続きを読む

NISA 投資

2018/2/19

NISAとは?NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの特徴について紹介

目次NISAって何?NISAジュニアNISAつみたてNISA比較まとめ NISAって何? 資産運用をするには何から手を付けていけばいいか迷っていたところテレビでつみたてNISAのCMが! NISAは数年前からよく聞いていましたが気に留めることなく今に至ります。なぜか今関心を持つとは。。。 NISAだと税金がかからないようですが本当にお得なのか?まなすけまなこが調べた結果を紹介します。 NISA 通常、株式や投資信託などの金融商品に投資をした場合、これらを売却して得た利益や受け取った配当に対して約20%の税 ...

続きを読む

仮想通貨

2018/4/16

仮想通貨を購入する前に把握したいポイントを紹介!リスク管理をしっかりしましょう!

目次仮想通貨を購入してみたいけど・・・仮想通貨とは?電子マネーとは違うの?仮想通貨のリスクは?価格変動保証詐欺流動性システム税金初心者ができるリスク対策は?販売所・取引所の選び方仮想通貨はどこで購入できるの?まとめ 仮想通貨を購入してみたいけど・・・ 仮想通貨とはどんなものでどこで購入できるのか最初はわからないですよね。 まなすけまなこも勉強中の仮想通貨について、購入する前に知っておきたいポイントを紹介していきます。 仮想通貨とは? 紙幣や貨幣ではないデジタルデータ 企業や団体のように管理する母体がない( ...

続きを読む

ロボアドバイザー 投資

2018/5/26

ロボアドバイザー投資とは?ロボット(AI)に長期・積立・分散投資を任せてみよう!

目次ロボット(AI)が自動で資産運用?ロボアドバイザーとは?ロボット(AI)が運用手軽に長期・積立・分散投資セキュリティと資産保護ロボアドバイザーの種類運用アドバイス型運用おまかせ型運用会社比較運用アドバイス型運用おまかせ型まとめ ロボット(AI)が自動で資産運用? 実際にロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)への投資を開始したまなすけまなこが紹介します。 ロボアドバイザーとは? ロボット(AI)が運用 ロボアドバイザーという名前の通り、資産運用すべてをロボット(AI)が ...

続きを読む

まとめ

まずは、今現在のお金事情について把握して自分の立ち位置を知ることが大切です。

それから、「お金づくり」の土台をどのようにして作っていくかを考えていきましょう!

お金づくりで一番大切なのは「長期・積立・分散」です。そして、感情を抑えて機械的にお金づくりに徹することが重要です。

長期運用には必ず価格変動の波があります。リーマンショックのようなときでも、「これ以上下がったらどうしよう・・・」「まだ下がるから積立をやめよう・・・」などと考えないことです。

長期運用は続けることが一番重要です。続けるからこそ複利効果を得ることができるのです。

お金づくりを始める!と決めたら何も考えずに機械的に積立していきましょう。毎月の購入日を決めれば後はほったらかしでOK。値動きに一喜一憂せずにじっと待ちましょう。

債券、株、投資信託、ロボアドバイザー、仮想通貨など運用商品はたくさんあります。

その中で自分に合った投資商品を選択して、お金づくりを始めてみましょう。(運用実績はこちら

まなな~

スポンサーリンク

-投資
-,

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.