ロボアドバイザー 投資

ロボアドバイザーのTEHO(テオ)とは?実際にやってみたので解説

更新日:

TEHO(テオ)とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)に引き続き、最近THEOの投資を始めたばかりのまなすけまなこが紹介しますね!

今回紹介するのはTEHOですが、TEHO+も同じ運用方法になります。TEHO+ついては以下の記事をご確認ください。

ロボアドバイザー 投資

THEO+とは?種類とTEHOとの違いについて紹介!資産運用方法に違いはない!?

2019/01/15    

目次1 TEHO+とは?2 TEHOの運用方法とは?3 TEHOとTEHO+の特典4 TEHOとTEHO+どっちがおすすめ?5 まとめ TEHO+とは? TEHO+とは、TEHOを提供している「お金の ...

長期・積立・分散投資

TEHO(テオ)では

  • 長期的に
  • 投資先を分散して
  • 積み立て投資

を自動で行ってくれます。

資産運用方針

口座へ最低投資金額を入金すると、自動でポートフォリオを構築してETF(上場投資信託)を購入してくれます。

投資金額が10万円以下の場合はポートフォリオの構築がされないので注意

1万円(最低投資額)から手軽に国際分散投資

1万円から国際分散投資ができ、分散投資によりリスクを低くして収益を安定させることができます。

また、ロボアドバイザーがすべて自動で資産運用を行ってくれるので、相場の動向や事前知識は不要です。

約40種類のETFをはじめ、世界約86ヵ国1万1000銘柄に分散投資をしています!

投資先

  • 北米
  • アジア・オセアニア
  • グローバル
  • 欧州
  • 南米

アセットクラスの分散

アセットクラスとは同じようなリターン(値動き)やリスクの特性を持つ投資対象の資産種類のことを指します。

TEHO(テオ)では6つのアセットクラスに分類して、それぞれにバランスよく分散投資を行います。

資産運用の基本である分散投資をバランスよく行ってくれるのは助かりますね!

自動リバランス

ポートフォリオを定期的に自動でリバランスを行ってくれます。

リバランスによりポートフォリオを維持して収益性を高めることを目指しています。

リバランスにより確実に収益性を高めることではないので注意が必要です。リバランスによる効果は市場環境と連動します。

構成ETFの見直し

  • グロース:3ヶ月毎
  • インカム:3ヶ月毎
  • インフレエッジ:1ヶ月毎

手数料がシンプル

手数料1%でロボアドバイザー投資ができるのでおすすめです。

リアルタイム入金対応

クイック入金(無料)で24時間365日リアルタイムで口座に入金可能です。

クイック入金対応銀行

  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
住信SBIネット銀行はロボアドバイザーや仮想通貨で資産運用する際に便利なので口座開設しておいて損はないです!

万全のセキュリティ体制と投資者保護基金による保障

TEHO(テオ)では以下のセキュリティ対策を継続的に実施しています。

また、投資者保護基金により最大1,000万円まで保障されるので安心です。

  • 組織的な対策
    -継続的な管理を進めるための社内組織・管理ルールの設定、内部監査態勢の整備 等
  • 人的な対策
    -情報取扱者のリテラシー維持・向上 等
  • 技術的な対策
    -通信やデータの暗号化、アクセス制御、漏えい・毀損等の防止策 等

その他、外部委託先企業に対しても、同様に管理監督しています。

引用元:https://blog.money-design.com/cx-blog-06-2e1d6d8024e2

銀行等と同じく、万が一破綻しても1,000万円まで補償されるので安心です。

円貯金との比較

TEHO(テオ)の運用と円貯金で比較して期待される結果になります。

円貯金だけではなく世界の資産に分散投資することで、10年後~20年後の資産が違ってくることがわかります。

絶対にこのような結果になるとは限りませんが、TEHO(テオ)では時間や手間をかけることなく合理的な資産運用を行うことができるロボアドバイザーです。

すべての資産を運用に回すのではなく、余情資金で少しづつ運用をはじめましょう!

TEHO+

TEHO(テオ)はdocomo、JAL、SBI証券等と提携をしており、提携会社で購入することができるのがTEHO+と言われる商品になります。

ロボアドバイザー 投資

THEO+とは?種類とTEHOとの違いについて紹介!資産運用方法に違いはない!?

2019/01/15    

目次1 TEHO+とは?2 TEHOの運用方法とは?3 TEHOとTEHO+の特典4 TEHOとTEHO+どっちがおすすめ?5 まとめ TEHO+とは? TEHO+とは、TEHOを提供している「お金の ...

ただ、TEHO(テオ)とTEHO+の基本サービスに差分はありませんのでご安心ください。

TEHO(テオ)は定期的にキャンペーン(キャッシュバック等)を開催しているので、TEHO+よりもお得に資産運用ができるのでおすすめです。

種類

  • TEHO(テオ)
  • TEHO+docomo
  • TEHO+SBI証券
  • TEHO+JAL
  • etc…

購入までの流れ

口座開設から購入までの流れ

1.運用プラン診断

2.口座開設

用意するもの

  • 運転免許証 + 通知カード 、または、マイナンバーカード(個人番号カード)
  • メールアドレス
  • 銀行口座番号

3.口座開設完了(最短2営業日)

4.口座へ最低投資額を入金

5.資産運用スタート

まとめ

WealthNavi(ウェルスナビ)と同じく年率1%(税別)で長期・積立・分散投資を行うことができます。

TEHO(テオ)

TEHO(テオ)では1万円から長期・積立・分散投資ができます。自動リバランスで収益性を高め、投資者保護基金による保障で安心安全に投資を行いましょう。

 

THEO(テオ)も定期的に自動リバランスも行ってくれるので、購入後は最悪ほったらかしでも問題ないですね。

投資金額が10万円以上の場合はポートフォリオが構築されない点を除けば、最低1万円から投資ができるのは魅力的でおすすめです!

また、TEHO(テオ)では定期的にキャンペーンも実施しているので合わせてチェックしてみてください。

ロボアドバイザー 投資

【2019年最新版】ロボアドバイザーのウェルスナビ・テオ・楽ラップのキャンペーン情報まとめ

目次1 お得にロボアドバイザーを始めたい!2 WealthNavi(ウェルスナビ)3 TEHO(テオ)4 楽ラップ お得にロボアドバイザーを始めたい! という方に、ロボアドバイザーのキャンペーン情報に ...

手数料が同じWealthNavi(ウェルスナビ)とTHEO(テオ)のどちらがおすすめかと言われるとまだ回答は難しいので、実際に運用した結果をもとに紹介していければと思います。

まなすけまなこの投資実績はこちら

まなな~

おすすめ記事

1

目次1 2018年12月の運用実績2 投資信託2.1 運用実績3 仮想通貨3.1 運用実績3.2 ポートフォリオ3.3 チャート図4 ロボアドバイザー4.1 WealthNavi(ウェルスナビ)運用実 ...

2

目次1 お得に仮想通貨を購入したい!2 bitFlyer(ビットフライヤー)3 Liquid by Quoine4 GMOコイン5 DMMビットコイン6 bitbank7 BITPoint8 関連記事 ...

3

目次1 お得にロボアドバイザーを始めたい!2 WealthNavi(ウェルスナビ)3 TEHO(テオ)4 楽ラップ お得にロボアドバイザーを始めたい! という方に、ロボアドバイザーのキャンペーン情報に ...

4

目次1 なぜお金づくりが必要なの?2 お金事情2.1 人口減少による負のスパイラル2.2 消費税10%(2019年10月)2.3 収入源がなくなる、増えない3 お金づくり(お金に働いてもらいお金をつく ...

5

目次1 WealthNavi(ウェルスナビ)って何?2 世界水準の金融アルゴリズム3 長期・積立・分散投資ができる4 ノーベル賞受賞者の理論5 世界各国へ分散投資6 手数料がシンプル7 長期割8 リア ...

-ロボアドバイザー, 投資
-,

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.