Funds(ファンズ)とは?上場企業にも貸付ができる新しい投資です

まなこ
Funds(ファンズ)ってどういったサービスを提供しているのかな?
まなすけ
Funds(ファンズ)は投資先として人気の高いソーシャルレンディングだね!サービス内容について一緒に見ていこう
この記事のポイント
  • 1円から投資可能なので手軽に投資ができる
  • 利回りと運用期間が事前に分かるので安心
  • 市場の値動きに左右されないので安心
  • 分配金の再投資で福利効果が期待できる
  • 安定した利益を得ることができるおすすめの投資

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

今回は、Funds(ファンズ)がどのような仕組みでサービスを提供しているのか、一般的なソーシャルレンディングとの違い、メリット・デメリット、評判について詳しく解説していきます。

まなすけ
一緒に見ていこう~

Funds(ファンズ)とは?

Funds(ファンズ)は、

「事業をするための資金を借りたい企業」と「お金を貸したい人(投資家)」

の結び付けを行っており、貸付ファンドを取り扱っているオンラインマーケットです。

オンライン上で投資家から資金を投資してもらい、その資金を企業に貸付して利払い・返済されたお金を投資家へ分配している仕組みになります。

取り扱っているファンドの多くは利回り1.5%~6.0%、投資期間4か月~1年がほとんどなので、短期で投資を始めることができます。

Funds(ファンズ)がなぜソーシャルレンディングの中でも人気が高いのか?

それは、ソーシャルレンディングとは少し仕組みが異なるサービスとなっているからです。

まなすけ
どんな違いがあるか見てみよう

ソーシャルレンディングとの違いについて

一般的なソーシャルレンディングの仕組み

一般的なソーシャルレンディングは、資金の募集から企業への貸付まで全ての運用を取りまとめて行っています。

また、ほとんどのソーシャルレンディング事業者は、資金の募集から企業への貸付を同じ企業(グループ企業)で行っているところが多いです。

Funds(ファンズ)の仕組み

Funds(ファンズ)の場合は、資金の募集からファンド組成企業までの送金までを行っており、企業への貸付作業は行っていません。

実際のお金の運用はファンド組成企業が行っているので、Funds(ファンズ)は資金の募集のみを行っているソーシャルレンディングとなります。

Funds(ファンズ)のメリット

メリット
  • 1円から投資可能で手数料無料
  • 安定した利回り
  • 上場企業への貸付ができる
  • 分配金の再投資で福利効果が期待できる
  • 市場の値動きに左右されない

1円から投資可能で手数料無料

他のソーシャルレンディングでは最低投資額が1万円からのところが多い中、Funds(ファンズ)では1円から投資することができてしまいます。

1円から投資することができるので、Funds(ファンズ)で得た利益をそのまま無駄なく再投資することができますね。

また、Funds(ファンズ)は取引手数料が無料なので、少額投資だと発生しやすい手数料による損が発生しません。

余分なコストをかけずに投資ができるのは大きなメリットですね。

安定した利回り

Funds(ファンズ)では、事前に予定利回りと運用期間が決まっているので、投資後は利息の分配金を運用期間受け取るだけです。

ローリスクローリターンの預貯金や国債と比べると、若干のリスクはありますが、利回りが1.5%~6.0%と着実に利益を確保することができます。

まなすけ
簡単だね

上場企業への貸付ができる

Funds(ファンズ)に参加している企業は、成長が期待されるベンチャー企業や上場企業が対象です。

ここで重要なのが「上場企業」にも貸付ができるところです。

ソーシャルレンディングで重要なのは「ファンド組成企業」と考えています。

投資したお金を上手く運用して投資家に戻ってくるかは、ファンド組成企業がきちんとしている企業であるかが大切です。

その点、Funds(ファンズ)は上場企業や成長が期待される企業が対象なので、安心ではあります。

分配金の再投資で福利効果が期待できる

安定した利回りにより得た分配金をそのまま再投資することで複利効果が期待できます。

Funds(ファンズ)は1円単位から再投資することが可能なので、複利効果が期待しやすい投資です。

  • 年利0%で年間12万円投資 = 20年後は240万円
  • 年利3%で年間12万円投資 = 20年後は332万円(差額+92万円
  • 年利10%で年間12万円投資 = 20年後は756万円(差額+516万円
まなすけ
複利効果は再投資することでその力を発揮してくれるよ

市場の値動きに左右されない

Funds(ファンズ)の貸付ファンドは、利回りと運用期間が予定されているので、運用期間中の市場値動きに左右されることがありません。

市場値動きに左右されないので、株式やボラティリティが大きい仮想通貨と比べると気持ち的にも安心して投資することができます。

運用期間が決まっているので、ロボアドバイザーのように一度投資してしまえば、ほとんど手間がかからないので簡単ですね。

Funds(ファンズ)のデメリット

デメリット
  • 元本割れリスク
  • 運用期間が早まる可能性がある
  • 途中解約ができない
  • ファンドの応募金額がすぐに埋まる(売り切れる)

元本割れリスク

Funds(ファンズ)で取り扱っている商品には、元本割れの可能性はありますが、これはどの投資でも可能性があるリスクです。

元本割れが発生するのは、ファンド組成企業から借りた資金の返納がされない等のケースです。

Funds(ファンズ)はミドルリスクミドルリターン投資なので、少なからず元本割れが発生可能性があります。

金融の専門家や弁護士が法令遵守した業務運営をされていますが、余剰資金でファンドへの投資も分散することでリスクを軽減しましょう。

運用期間が早まる可能性がある

ソーシャルレンディングでは、出資された対象事業の進捗次第で、予定より早く償還される可能性があります。

早く償還されると運用期間も短くなるので、その期間分の利益は減少して、投資家への配当額も減少する可能性があります。

途中解約ができない

Funds(ファンズ)へ投資したお金は、基本、運用期間中に解約することはできないので、投資する際は必ず余剰資金で計画的にしましょう。

まなすけ
無理しないようにね

ファンドの応募金額がすぐに埋まる(売り切れる)

ソーシャルレンディングすべてで言えることですが、早いもので1分、遅くても30分以内で応募金額が埋まり募集が終わってしまいます。

投資したい場合は事前に待機する必要がありますが、Funds(ファンズ)では新しく抽選方式が導入されました。

従来の先着方式とは別に抽選方式を取り入れられたので、今までよりも多くの方に投資するチャンスが生まれましたね。

Funds(ファンズ)の評判・口コミ

まなすけ
人気の高さが分かるね

まなすけ
抽選方式導入はうれしいけど、抽選も熾烈な戦いになりそうな予感

Funds(ファンズ)のQ&A

誰でも口座開設できる?

Funds(ファンズ)の口座開設は20歳以上75歳未満の方になります。また、日本居住・反社会的勢力等に該当しない・審査に通過するの条件があります。

口座開設に費用はかかる?

無料で口座開設することができます。

投資をキャンセルすることはできる?

貸付ファンドの場合はお客様都合でキャンセルすることはできません。事業ファンドの場合は投資申し込みから8日間のクーリングオフが認められています。

ファンド組成企業って何?

Funds(ファンズ)上で募集が行われるファンドを提供する会社のことをいいます。

Funds(ファンズ)へ投資する前に事前に入金することはできる?

Funds(ファンズ)へ投資する予定のお金に限り、事前にデポジット口座に入金することが可能です。

デポジット口座の出金はいつでもできる?

出金申請はいつでもできます。出金申請の翌営業日に振込手続きを行います。手数料は無料です。

退会方法は?

「マイページ」→「アカウント設定」→「口座解約・退会」ページから退会申し込みをしてください。

Funds(ファンズ)の口座開設方法

STEP1
アクセス
まずはFunds(ファンズ)へアクセスをしましょう
STEP2
新規会員登録
メールアドレスとパスワードを入力して、新規会員登録をクリックして会員登録をしましょう
STEP3
マイナンバー・本人確認書類の提出
  • マイナンバーカード(顔写真付き)
  • マイナンバー通知カード(顔写真なし)
  • 運転免許証
  • パスポート
  • …etc
口座開設に必要な書類を準備して提出しましょう
STEP4
本人住所確認
Funds(ファンズ)から本人住所確認の簡易書留が届くので受け取りましょう
STEP5
口座開設完了
これで口座開設完了は完了となります

まとめ

Funds(ファンズ)について整理すると、以下になります。

メリット
  • 1円から投資可能で手数料無料

→気軽に投資ができる

  • 安定した利回り

→定期預金以上の利回りが期待できる

  • 上場企業への貸付ができる

→デフォルトの可能性が低く安定した運用が期待できる

  • 分配金の再投資で福利効果が期待できる

→1円単位で再投資できるので資産を効率よく増やすことができる

  • 市場の値動きに左右されない

→価格の変動に一喜一憂する必要がない

デメリット
  • 元本割れリスク

→分散投資でリスクを軽減することができる

  • 運用期間が早まる可能性がある

→利回りが低くなるが問題なし

  • 途中解約ができない

→余剰資金で投資することで解決

  • ファンドの応募金額がすぐに埋まる(売り切れる)

→抽選方式の導入で全員に投資するチャンスがある

ソーシャルレンディングはミドルリスクミドルリターン投資なので、つみたてNISAやロボアドバイザーと比べてリスクはありますが、決められた期間、安定した利回りを受けられるのが魅力的な投資ですね。

投資なので少なからずリスクは存在しますが、分散投資することでリスクを軽減することができます。

手数料も無料なので、手数料による損も発生しないのも嬉しいポイントですね。

市場値動きにも左右されないので、資産の増減で一喜一憂されたくない方にもおすすめです。

Funds(ファンズ)が少しでも気になられた方は、募集開始時にすぐ投資できるよう、まずは無料で口座開設をして準備するのをおすすめします。

Funds(ファンズ)で気になるファンドの募集があった際は、まずは抽選方式で応募、その後、先着方式で狙っていきましょう。

まなすけ
一緒にFunds(ファンズ)で投資をしよう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA