仮想通貨

仮想通貨でよく聞く投機と投資の違いとは?短期なら投機がおすすめ!?

投稿日:2018年2月6日 更新日:

スポンサーリンク

投機と投資の違いとは?

仮想通貨のニュースを去年頃からよく見かけるようになってきました。

ニュースの中で言われているのが「仮想通貨は投資ではなく投機である」ということ。

投資は株や投資信託などを思い浮かべますが、投機って聞くと何???って思う方もいるはず。

今回は投資と投機の違いについてまなすけまなこ視点でメモってみました。

投資とは

ポイント

  • 中長期的にお金を増やしていく(複利効果)
  • リスク低(一定の水準でリスクをコントロール)
  • 価格変動による影響少(価格変動によるメンタルダメージ減)

経営が安定している企業(安定)にお金を預け、10年~20年以上の中長期で運用してリスクを一定水準に保ち、複利効果により資産を増やしていく。

うさぎとかめのかめさんタイプ。地道にコツコツと堅実にお金を増やしていく。

投機とは

ポイント

  • 短期的にお金を増やしていく(短期の価格変動により利益を出す)
  • リスク高(急激な価格変動で資産が激減する可能性)
  • 価格変動による影響多(価格変動によるメンタルダメージ増)

2日~1週間の短期間で資産を増やす。市場の価格変動が直接影響するので資産が一気に減る可能性もあるがその逆もある。一発当てるギャンブルに近いかも。

うさぎとかめのうさぎタイプ。短期的に資産を増やしていく。運用が上手い人はスーパーうさぎタイプで立ち止まることなく資産をどんどん増やしていくことができる!

どっちがいいの?

 項目  投資 投機 
期間 中長期 短期
リスク
価格変動による影響
リターン
うさぎとかめ かめ うさぎ

今持っている資産をいつまでにいくら増やしたいのかによると思います。

資産を増やす必要がない方は銀行に預けたままでもいいですし、資産を増やしたい方は投資、投機を選択してもいいですね。

株、投資信託、FX、不動産収入、仮想通貨など調べて自分に合った運用をしていきましょう。

まとめ

長期安定の投資、短期ギャンブルの投機。どちらをするにもお金に惑わされて、自分の意志、考えがぶれないように気を付けてくださいね。

また、以下のことも重要です。

注意

  • 余剰資金で投資、投機をすること
  • 資産が減ってもなくなっても落ち込まないこと
  • お金に目がくらまないこと
  • 現金化(利益確定)するまでが投資、投機(株や投資信託を持っていても現金化できなければ意味がないです!)

ネットの情報、書き込みに惑わされず自分で調べた情報で勝負することが大切です。

そして、靴磨きの少年の話でありますが、幅広い大衆が株式(銘柄)の相場に熱が上がるときはすでに相場の天井に近いということも知っておくといいかもしれませんね。

まなな~

スポンサーリンク

-仮想通貨
-, ,

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.