テーマ変更中です

BITPoint(ビットポイント)のアカウント登録(口座開設)方法と手順について

BITPoint(ビットポイント)で口座を作ろう!

BITPoint(ビットポイント)がどのような取引所なのか、口座開設前に確認しておきましょう!

[st-kaiwa-3070]BITPoint(ビットポイント)は資本金が44億3,000万円(2018年9月現在)と、国内取引所の中でもトップクラスの資本金を保持しています。また、セキュリティにも力を入れているので安心安全に取引を行うことができます。[/st-kaiwa-3070]

アカウント登録

①メールアドレスを記載して新規登録をクリック

[st-kaiwa-3080]BITPointにアクセスをしてかんたん口座開設をクリック。[/st-kaiwa-3080]

②メールアドレス登録

[st-kaiwa-3080]口座開設時に利用するメールアドレスを入力して、登録するをクリックしましょう。その後、登録内容の確認とBITPoint(ビットポイント)のプライバシーポリシーを確認して問題なければ同意をクリック。[/st-kaiwa-3080]

③申込受付のお知らせメールを確認

[st-kaiwa-3080]登録したメールアドレス宛にBITPoint(ビットポイント)からメールが届きますので確認してください。メール本文に「■総合口座開設のお手続きのご案内」とありますので、その下に記載があるURLをクリックして口座開設に進みましょう![/st-kaiwa-3080]

④個人のお客様にて口座開設

[st-kaiwa-3080]BITPoint(ビットポイント)での口座開設は個人(日本国籍)/個人(外国籍)/法人の3種類あります。今回は個人(日本国籍)で口座開設をしていきましょう。[/st-kaiwa-3080]

⑤本人確認書類の準備

[st-kaiwa-3080]BITPoint(ビットポイント)の本人確認書類を事前に準備して次に進みましょう。[/st-kaiwa-3080] [st-mybox title=”本人確認書類(いずれか1点)” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#757575″ bordercolor=”#BDBDBD” bgcolor=”#ffffff” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” fontsize=””]
  • 運転免許証(表面/裏面の両面)
  • 運転経歴証明書(2012年4月1日以降の発行に限る)(表面/裏面の両面)
  • パスポート(顔写真入りページと住所記載ページ)
  • 住民基本台帳カード(写真付きのものに限る)(表面/裏面の両面)

有効期限内の証明書であること(詳細についてはこちらをクリック)

[/st-mybox]

⑥約款、確約の確認

[st-kaiwa-3080]約款、確約について確認を行いチェックをしましょう。[/st-kaiwa-3080]

ブレークタイム

⑦お客様情報の入力

[st-kaiwa-3080]氏名、生年月日、住所等のお客様情報の入力完了後に確認へをクリックして、記載内容に間違いがないことを確認しましょう。[/st-kaiwa-3080]

⑧本人確認書類の再確認

[st-kaiwa-3080]顔写真あり/なしで提出する本人確認書類が異なりますので、再度確認を行いましょう。[/st-kaiwa-3080]

⑨本人確認書類の提出

[st-kaiwa-3080]準備した本人確認書類を「ドラッグ&ドロップ」または「ファイルを選択」からアップロード。アップロードをクリック後、数秒~10数秒程度アップロードに時間がかかりますので少し待ちましょう。[/st-kaiwa-3080]

⑩口座開設完了!

[st-kaiwa-3080]BITPoint(ビットポイント)による審査完了後に登録したメールアドレス宛にメールが届きますので確認しましょう。また、ログイン情報については転送不要郵便で郵送されてくるので、受け取り後にBITPoint(ビットポイント)で取引開始することができます。[/st-kaiwa-3080]

まとめ

ログイン情報を転送不要郵便で送るところが他の取引所と異なる部分であり、本人確認に力を入れていることがわかりますね。

セキュリティだけではなく、現物/レバレッジ/FXの取引にかかる手数料も無料で提供しているところもプラスポイントです。

高機能トレードシステムツールMetaTrade4を使用した取引により、FX取引もワンクリックでスムーズに行うことができるので、これから仮想通貨FXを始めたい方におすすめできる取引所といえます。

購入するコインやトークンに応じて取引所を使い分けることと、取引所リスクを分散させる意味でも複数の取引所でアカウント登録(口座開設)をしてきましょう。

まなな~