仮想通貨 取引所

bitbank(ビットバンク)の特徴(メリット・デメリット)と取り扱い通貨まとめ

投稿日:2018年11月26日 更新日:

スポンサーリンク

bitbank(ビットバンク)

この記事では仮想通貨交換業登録済みの取引所であるbitbank(ビットバンク)の特徴と、取り扱いを行っている通貨について紹介していきます。

取り扱い通貨

  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. イーサリアム
  4. ライトコイン
  5. リップル
  6. モナコイン
取り扱い通貨は全部で6種類になります。

取引ペア

  • BTC/JPY
  • XRP/JPY
  • LTC/BTC
  • ETH/BTC
  • MONA/JPY
  • MONA/BTC
  • BCC/JPY
  • BCC/BTC
取引ペアは8ペア。日本円で購入できるのはBTC・XRP・MONA・BCCの4種類になります。

特徴

セキュリティ

bitbankの一番の特徴はセキュリティです!

ネットワークから遮断されたコールドウォレット管理はもちろん、マルチシグによる仮想通貨の出口管理、2段階認証、携帯SMS認証等、多重層のセキュリティ対策を実施しています。

今後増えていく取引所を狙った攻撃に耐えるセキュリティ対策をされているので、安心安全に取引を行うことができますね。

ホットウォレットはbitbank(ビットバンク)の資産のみ運用しており、ユーザーの資産は含まれていないのでいざという時も安心です。

また、最新技術マルチシグによる内部犯の防止にも取り組んでおり、世界最高水準の技術で運用されています。

手数料

bitbank(ビットバンク)はセキュリティが高いのも有名ですが、アルトコインの取引手数料が安いのも有名です。

期間限定ではありますが、仮想通貨の全ペア取引手数料が0円なのでお得に取引することができます。

レバレッジ取引(ビットコインFX)

最大20倍のレバレッジでビットコインの取引を行うことできます。

ポイント

  • レバレッジ最大20倍
  • 国内唯一の追証なし
  • 24時間365日取引可能
CGF制度により追証なしでビットコインFXを利用することができるのは大きいですね!国内ではbitbank(ビットバンク)だけの特徴なので、ビットコインFXを利用する際はbitbank(ビットバンク)を利用しましょう。

スマホで取引可能

スマホで利用できるアプリを利用することで外出先でも簡単に取引することができます。

スマホでもストレスなく高い機能性を備えたトレーディングプラットフォームを提供しています。

bitbank ビットコイン(Bitcoin) 仮想通貨 チャート ウォレット 取引アプリ

bitbank ビットコイン(Bitcoin) 仮想通貨 チャート ウォレット 取引アプリ

bitbank,Incposted withアプリーチ

スマホアプリでもテクニカル分析ができるTradingViewを利用できるのでおすすめです。

メリット・デメリット

メリット

  • セキュリティが高いので安心安全に取引することができる
  • 手数料が安いのでお得に取引することができる
  • bitbank(ビットバンク)アプリでいつでも簡単に取引することができる

デメリット

  • 日本円で購入できるペアが4種類と少ない

まとめ

これから先、仮想通貨取引で一番重要になってくるのはセキュリティだと思っています。

ICO Ratingの取引所セキュリティレポートにおいて国内No.1の評価を受けるほど、セキュリティに一番力を入れているのがbitbank(ビットバンク)です。

また、取引手数料も0円なので、日本円で購入できるBTC・XRP・MONA・BCCはbitbank(ビットバンク)で購入したほうが良いと思います。

特にXRPの取引量が世界一になったこともあるbitbank(ビットバンク)なので、XRPはbitbank(ビットバンク)で購入しましょう。

bitbank(ビットバンク)の口座開設も5分~10分で簡単にできるのでチェックしてみてください。

まなな~

スポンサーリンク

-仮想通貨, 取引所
-,

Copyright© まなすけまなこマネー , 2019 All Rights Reserved.