おすすめのクレジットカードまとめ!3枚を組み合わせて使い分けるのがベストです

まなこ
クレジットカードをお得に利用するには何枚持てばいいんだろう?
まなすけ
おすすめは3枚を使い分けるのがおすすめ!その理由について一緒に見ていこう
この記事のポイント
  • クレジットカードは3枚を使い分けよう
  • 1枚目は楽天カード
  • 2枚目はエポスカード
  • 3枚目は生活圏で利用できるカード
  • 迷ったらまずは楽天カードとエポスカードがおすすめ

こんにちわ。

まなすけまなこ(manasukemanako)です。

クレジットカードを作る時に困るのがどこのクレジットカードを作るかです。

クレジットカードは全国で約3億枚も発行されており、クレジットカードを提供している企業も多くあります。

その中から選ぶことになるので、選ぶのが本当に大変です。

今回は、

  • これからクレジットカードを作る方
  • どこのクレジットカードで作るか迷っている方
  • 複数枚クレジットカードを持ちたい方
  • 効率よくクレジットカードを利用したい方

に、おすすめのクレジットカードまとめと組み合わせについて紹介していきます。

まなすけ
まずは今回選んだクレジットカードの基準を説明していくね

クレジットカードの選定基準

クレジットカードは手元に現金がなくても日々のお買い物ができる便利なカードですが、反面、クレジットカードをたくさん持ちすぎるとお金の管理が大変です。

また、年会費がかかるクレジットカードを契約していた場合、生活の固定費として出費が増えてしまいます。

年会費に見合うサービスを受けられるのであれば問題ありませんが、現在発行されている年会費無料のクレジットカードは付帯サービスが充実しているので、絶対に必要なカードではないです。

クレジットカードは銀行だけではなく鉄道やデパート、スーパーなど様々な業種で発行されています。自分の生活圏で利用できるクレジットカードを選ぶのも大切です。

以上のことから、今回は以下の項目をおすすめするクレジットカードの選定基準としました。

選定基準
  1. 年会費無料 or 負担にならない年会費
  2. ポイント還元率
  3. 付帯サービス内容
  4. 生活圏で使えるか

年会費無料 or 負担にならない年会費

年会費は特別な付帯サービスやポイント高還元がない限り、無料のカードで問題ありません

年会費無料でも便利なカードが多くポイント還元率も1%付与されるのがほとんどです。

どうしても年会費が必要なクレジットカードを契約したい場合は、負担にならない程度の年会費のものを選びましょう。

まなすけ
無駄な年会費は払っちゃだめだよ

ポイント還元率

ポイント還元率は最低でも1.0%以上は欲しいですね。ポイント還元率が1.0%あると100円で1ポイント付与されます。

月の生活費(例)をすべてクレジットカードで支払うと毎月560ポイントが付与されるので、1年で約6,720ポイントも貯めることができる計算に。

水道光熱費 15,000円
食費 30,000円
雑費 5,000円
携帯料金(格安SIM) 2,000円
インターネット料金 4,000円
合計 56,000円

他にもクレジットカードで支払うことができるものはたくさんあるので、これ以上のポイントを貯めることも容易です。

そのため、ポイント還元率は最低でも1.0%以上のクレジットを選びましょう。

まなすけ
ポイントを貯めて投資に使うこともできるよ

付帯サービス内容

クレジットカードには、海外旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、デパートや提携店の優待割引などが付帯されているのがほとんどです。

各社クレジットカードごとに付帯しているサービスが異なるので、どのようなサービスが付帯しているのか確認して、少しでもお得なサービスが付帯しているカードを選びましょう。

まなすけ
日常生活で利用しやすい付帯サービスが良いね

生活圏で使えるか

クレジットカードを生活圏で使えるかが、ポイントを効率よく貯められるか決まってきます。

年会費が安くてポイント還元率が高くても、日々の生活で使えるお店が少ないと意味がありません。

ほとんどのクレジットカードは日常生活で利用することができますが、その中でも提携店が多い少ないはあります。

提携店が多いほどポイント還元率が上がり優待割引などを受けることができ、クレジットカードを有効活用することができます。

クレジットカードがどこで利用できるのか、提携しているお店やサービスを確認して選びましょう。

まなすけ
ポイント以外の優待についても要チェックだよ

おすすめのクレジットカード

1枚目:楽天カード

1枚目に紹介するおすすめクレジットカードは「楽天カード」です。

楽天カードの特徴

  • 年会費無料
  • ポイント還元率1%
  • 楽天市場などで利用すればポイント還元率UP(SPU)
  • 楽天Payとの連携で更にお得に
  • 楽天証券でクレジット決済・ポイント投資
  • 最高水準のセキュリティ対策・体制
  • 紛失・盗難時の全額補償
  • 海外旅行傷害保険が無料付帯

利用用途

  • コンビニやスーパー、電車やバスの定期券購入など普段の生活で利用
  • 楽天市場など楽天グループの利用
  • 楽天ポイント加盟店で楽天ポイントカードと一緒に利用

楽天カードは年会費無料でポイント還元率も1%あり、最高水準のセキュリティと海外旅行傷害保険が無料で付帯する、これ1枚で充分なクレジットカードです。

楽天ポイントカード機能もクレジットカードに付帯しているので、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービス以外のお店(ミスタードーナツ・くら寿司・マクドナルド・…etc)でもポイントを2重に貯めることができます。

バーコード決済の「楽天Pay」で支払いをすると+0.5%された1.5%のポイント還元率になるので更にお得です。

また、「楽天カード」は10年連続日本顧客満足度調査No.1を獲得しているカードでもあります。それだけ利用されている方にメリットが多いクレジットカードです。

利用方法としては、普段使いはもちろん、楽天市場で利用する際や楽天ポイント加盟店で楽天ポイントカードと一緒に利用するのがおすすめですね。

はじめてクレジットカードを持つ方は、これだけのメリットが年会費無料で受けられる「楽天カード」をおすすめします。

楽天カードの人気の魅力とは?ポイント還元率だけではなく投資もできる万能カード
まなすけ
楽天市場をよく利用している方は年会費2,000円の楽天ゴールドもおすすめだよ

2枚目:エポスカード

エポスカードの特徴

  • 年会費が永年無料
  • 店舗受取だと即日発行可能
  • 紛失・盗難時の全額補償
  • 全国約10,000店舗で優待特典
  • ETCカードの年会費無料
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯
  • エポスゴールドカードへの招待あり

利用用途

  • 全国約10,000店舗で優待特典を利用
  • マルコとマルオの7日間の10%割引を利用

2枚目におすすめするクレジットカードは「エポスカード」です。

エポスカードはポイント還元率は0.5%ですが、全国約10,000店舗で優待特典を受けられるのが魅力ですね。

  • HUMAXシネマズ:映画鑑賞料金1,100円
  • 東京ジョイポリス:期間限定料金
  • 東京サマーランド:施設料金割引
  • よみうりランド:ワンデーパス割引
  • 富士急ハイランド:フリーパス割引
  • ハウステンボス:お土産ショップ5%OFF
  • SHIDAX:室料30%オフ
  • ビッグエコー:室料30%オフ
  • カラオケ館:室料30%オフ
  • カラオケの鉄人:室料30%オフ
  • 舞台・イベントチケット:優待価格
  • オリックスレンタカー:通常レンタル料金より10%OFF
  • ニッポンレンタカー:レンタカー基本料金最大15%OFF
  • タイムズカー:対象レンタカー40%OFF

海外旅行傷害保険も自動付帯なので、旅行代金の支払いをしなくても保険適用されます。

  • 利用付帯:事前に旅費などの費用を当該カードでクレジット決済した場合のみ付帯
  • 自動付帯:旅費など費用を当該カードでクレジット決済していない場合でも付帯

また、年会費無料、ETCカードの利用料金も無料です。

これだけのサービスを受けることができる年会費無料のクレジットカードはありません。

楽天グループのサービスを利用されない方はエポスカードを1枚目に。

楽天グループのサービスを利用される方は1枚目の楽天カードでポイントを、2枚目のエポスカードで優待特典とETCカードのように利用するのもおすすめです。

エポスカードの人気の魅力とは?ポイント還元・優待特典・傷害保険と最高のカードです
まなすけ
年会費無料なのに海外旅行傷害保険の自動付帯はすごいね

3枚目:生活圏で使えるカード

楽天カードとエポスカードの次におすすめするクレジットカードは、生活圏で利用できるクレジットカードを選びましょう。

楽天カードはポイント、エポスカードは優待特典、3枚目は生活圏です。

生活圏で利用できるクレジットカードは以下のようなクレジットカードのことをいいます。

生活圏のクレジットカード

  • Tポイントユーザー

→Tポイントが貯まるヤフーカード

  • Amazonユーザー

→楽天ではなくAmazonユーザーの方はAmazonマスターカード

  • JRや鉄道を頻繁に利用

→乗車券や定期券の購入でお得なビックカメラSuicaカード

  • 百貨店やデパートを利用

高島屋・小田急百貨店・東急百貨店・ルミネ・パルコなどのデパートカード

Tポイントを効率よく貯めたい方やお買い物にAmazonを利用されている方、ネットショッピングではなく百貨店やデパートでお買いものをされる方など、一人一人生活で利用しているお店やサービスは異なります。

自分の生活圏で利用頻度が高いクレジットカードを選ぶことで、他のクレジットカードと差別化することができるのでおすすめです。

上記で紹介したカード以外にもクレジットカードはあるので、3枚目は自分の生活圏で利用できるクレジットカードを選びましょう。

クレジットカード3枚を組み合わせる理由

クレジットカードを3枚組み合わせる理由は3つあります。

3枚を組み合わせる理由
  • 利用用途ごとに使い分けができる
  • クレジットカードごとの付帯サービスを受けられる
  • プライベート用と仕事用などお金の管理を分けられる

ポイント:楽天カード

優待特典:エポスカード

生活圏:ヤフーカードやAmazonマスターカードなど

といったように、複数枚持つことでクレジットカードの特性を生かした使い方ができ、より効率よくポイントを貯めたり優待を受け節約することができます。

年会費無料であれば付帯サービスを無料で受けることができるのでお得です。

また、クレジットカードをプライベート用と仕事用に分けることもできるので、お金の管理もやりやすくなります。

3枚以上になると管理が大変になるので、まずはこの3枚を上手く活用して家計の出費を削減していきましょう。

まなすけ
この3枚だけでほとんどの方は不便ないよ

VisaとJCBで分けたほうがいい?

これはYESです。

メインのクレジットカードは国内だけではなく海外でも利用できるお店が多い「Visa」がおすすめです。

次点は日本発の国際ブランドである「JCB」ですね。

JCBは海外の主要都市に設置されているJCBデスクの利用、JCBプラザラウンジの利用、ディズニー関連に強いといったメリットがあります。

特にハワイはJCBの力が大きく、JCBを利用されたほうがよりハワイを楽しむことができますね。

まなすけ
ハワイではJCBカードを提示して無料でトロリーを乗ったよ

1枚目のクレジットカードはVisa、2枚目のクレジットカードはJCBのように、まずはVisaを優先してその後にJCBを作る順番がおすすめです。

 

クレジットカードは安心?

クレジットカードには、万が一カード情報の漏洩や盗難、紛失があって不正利用された場合でも、補償申請を行えば自己負担なしなので安心・安全です。

ただし、紛失・盗難時などの補償は61日前にさかのぼった日までなので、不正が発覚した日にすぐ電話をして補償申請を行ってくださいね。

クレジットカード利用時の注意点

クレジットカードで料金を支払う際に注意したいのが「支払い回数」。

「1回払い」や「ボーナス払い」であれば手数料がかからず現金と同じように利用することができますが、「分割払い」や「リボ払い」を選択した場合は金利手数料がかかってしまいます。

特別な理由がない限りは、必ず手数料がかからない「1回払い」「ボーナス払い」を選択するようにしましょう。

おすすめのクレジットカードを作ろう

おすすめのクレジットカードを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

  • 楽天カード
  • エポスカード
  • 生活圏で利用できるカード

この3枚を利用すれば、効率よく節約でき生活費を削減することができるでしょう。

クレジットカードは上手く利用すれば便利でお得ですが、反対に無計画に利用するとキャッシングやリボ払い等で後々大変なことにもなります。

クレジットカードの仕組みをきちんと理解して、賢く利用していきましょう。

まなすけ
クレジットカードを組み合わせて上手に活用しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA